人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年4月9日

昨年以上の激戦が予想されるSUPER GTのGT500クラス、そこで気になる“伏兵”の存在

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)

いよいよ今週末、岡山国際サーキットで開幕を迎える2021年のSUPER GT。今年も手に汗握るアツい戦いが始まる。

昨年は新型コロナウイルスの影響で、開幕は7月にずれ込んだほか、関係者の長距離移動による感染リスク低減のため、3つのサーキットに限定して開催するという変則的なスケジュールとなった。しかし、今年は海外ラウンドの復活こそ叶わなかったが、国内6つのサーキットを転戦することが決定した。

3月には岡山国際サーキット、富士スピードウェイで恒例のシーズン前の公式テストが行われた。GT500、GT300とも各チームがそれぞれのテストメニューをこなしていたため、一概にテストの結果だけで判断はできないのだが、特にGT500クラスは3メーカーとも拮抗しているという印象だった。実際にパドック内での印象を聞いてまわると「他メーカーとの差は少ない」というコメントがほとんどだった。

昨年も15台中10台が最終戦でチャンピオン争いに絡み、ゴール直前の500mで決着がつくという近年稀に見る大接戦となったGT500クラスだが、今年はそれの延長線上のような激戦が繰り広げられそうだ。

その中、今シーズン注目なのが、脇阪寿一監督率いるNo.39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(ヘイキ・コバライネン/中山雄一)。岡山公式テストの2日目にトップタイムをマークし、富士公式テストでも安定して上位につけている印象だったが、チーム内部は昨年と比べて大きな手応えを感じている。

J SPORTS オンデマンド番組情報

SARDは昨年から脇阪監督が加入したものの、メカニックなどスタッフが大幅に入れ替わり、それこそシーズン序盤は足並みが揃わないことが多かった。しかし、脇阪監督が先頭を切って問題を一つずつ解決し、2020年の第5戦富士で優勝。同年の最終戦では予選2番手につけるなど、着実に強さを身につけ始めている。

昨シーズン第5選で新体制での初優勝を果たした。

その体制をほぼ引き継いだ2シーズン目は、早くも開幕前のテストから実力を発揮し始めていた。それは、ドライバー2人も“チームの進化”を強く感じていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ