人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年11月13日

2020スーパーフォーミュラ第4戦プレビュー:ランキング首位の平川亮を止めるのは誰だ?

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

今季のスーパーフォーミュラでは有効ポイント制が導入されており、成績の良くなかった2大会のポイントは採用されないため、現在のポイント差ほどのアドバンテージがあるかというと判断が難しい状況ではあるのだが、ここまで異なるタイプのサーキットで常に高いパフォーマンスをみせているのが何より印象的だ。

特にSUGOで優勝を飾ることはできなかったものの、上位に食い込める速さを見せられたことに手応えを感じている様子。「個人的には、SUGOと鈴鹿が“今ひとつ”という感じがあったのですが、今日はこれだけのタイムが出て、良い感触もつかめました。そこは今後に向けても自信につながりますね」と語っていた。

今回のオートポリスも、これまでの3大会と比べると特徴の違うサーキット。ここでも変わらぬ速さを発揮できれば、チャンピオン争いをまたひとつ有利に進めていけることになるかもしれない。

ただ、平川の独走を許すまいと逆転を狙うライバルも多数いる。彼のチームメイトである関口雄飛は昨年のオートポリス大会ウィナー。実績のある地で今季初優勝を目指す。同じく昨年のオートポリスで力強い走りをみせた山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)も、第3戦SUGOで3位に入るなど調子を上げてきているだけに、目が離せない存在となりそうだ。第3戦で今季初勝利を手にしたニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)もSUGOでの快進撃を足がかりに、ここでさらにポイント差を縮めていきたいと意気込んでいるだろう。第2戦岡山で存在感ある走りを見せた宮田や坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)もどんな走りをするか注目で、他にも挙げれば切りがないほど注目のドライバーがズラリと揃っている。

いずれにしても、予選から0.001秒単位の激しい戦いになることは間違いなさそうだ。その中で平川が、今まで通り抜け出すのか、それとも他のライバルが一矢報いる走りをみせ、チャンピオン争いに名乗りを上げるのか。今季のターニングポイントにもなりそうな1戦となるかもしれない。

文:吉田 知弘

吉田 知弘

吉田 知弘

幼少の頃から父親の影響でF1をはじめ国内外のモータースポーツに興味を持ち始め、その魅力を多くの人に伝えるべく、モータースポーツジャーナリストになることを決断。大学卒業後から執筆活動をスタートし、2011年からレース現場での取材を開始。現在ではスーパーGT、スーパーフォーミュラ、スーパー耐久、全日本F3選手権など国内レースを中心に年間20戦以上を現地取材。webメディアを中心にニュース記事やインタビュー記事、コラム等を掲載している。日本モータースポーツ記者会会員。石川県出身 1984年生まれ

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ