人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年3月13日

トヨタ、3戦連続5回目の1-2なるか?

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line

今回のエントリーはLM P1が7台、LM P2が7台、LM GTE Proが11台、LM GTE AMが9台の計34台。LM P1は、富士と上海でトヨタが2戦連続の1-2フィニッシュ。7号車が連勝したことで、8号車との得点差はわずか5点差まで縮まっており、このセブリングの結果次第では逆転の可能性もある。特に7号車の小林可夢偉、8号車のフェルナンド・アロンソは、2月のデイトナ24時間で総合優勝(車両はキャデラック)を飾っており、気持ちよくアメリカのコースを走ることができるだろう。トヨタはセブリングを走るのが初めてということもあり、2月にこのセブリングで3日間のテストを行って万全を期している。今回のレースを前に、トヨタのハイブリッド車と他のノンハイブリッド車との性能調整が行われ、その差はまた縮まったようだが、トヨタがどのような展開へ持ち込めるのかチェックをしたい。

LM P2クラスではジャッキー・チェンDCレーシングの38号車が単独トップにつけているが、まだまだシグナテック・アルピーヌ・マットムートの36号車との差は10点、ジャッキー・チェンDCレーシングの37号車もシグナテックとはわずか4点差。今回の長いレースで確実にポイントを稼ぐことが大事だろう。

LM GTE Proはポルシェの92号車が着実にポイントを加算してシリーズを大きくリード。2~5位は団子状態なので、ここからどの車両がトップに近づいていくのか、残り3戦は目が離せない。LM GTE Amではポイントリーダーであるチーム・ポロジェクト1のポルシェ56号車が、先週末に行われた公式テストでまさかの炎上。チームは新しいシャシーに交換してレースに臨むようだが、準備は間に合うのか? まずはテレビ画面で確認したい。

皆越 和也

皆越 和也

1961年熊本県出身。1980年代後半に富士スピードウェイで観戦した「WEC in JAPAN」で四輪モータースポーツに目覚め、モータースポーツ専門誌編集部等を経てフリーランスのフォトライターに。SUPER GTは全日本GT選手権がスタートした1993年より、ほとんどのレースを現場で取材している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ