人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年9月28日

【スーパースポーツ世界選手権 第10戦マニクール プレビュー】~クルーゼル痛恨のリタイアから地元優勝なるか?

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

とはいっても、残り3戦。まだまだ逆転するチャンスはクルーゼルにあります。今回は地元・フランスのレースですから、クルーゼルにとっては応援を受けての素晴らしい走りに期待したいですね。彼はやはりホームコースであるマニクールが得意です。これまで「スーパースポーツ世界選手権」ではマニクールで3勝を飾っているのです。今季からヤマハYZF-R6に乗っていますが、2012年にはホンダで優勝、2014年と2016年はMVアグスタで優勝。果たしてヤマハでも優勝を飾れるかというところです。

一方のコルテセはグランプリを長く戦ってきましたが、フランスGPが開催されるのはル・マンのブガッティサーキットということで、マニクールでのレース経験は近年ありません。そういう意味では追う立場のクルーゼルは勝たなければならないレースになります。

また、ランキング3位は2連勝を飾ったフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)の129点。クルーゼルに4点差に迫っていますから、こちらはレース終盤戦で流れを一気に引き寄せています。トップのコルテセからも20点差ですから、大逆転のチャンピオンの可能性も秘めています。クルーゼルにとってもカリカスロにとっても絶対に落としてはいけないレースです。

地元といえば、昨年のチャンピオン、ルーカス・マヒアス(ヤマハ)も忘れてはいけません。今季は表彰台がわずかに2回と苦戦していますが、前戦のポルティマオではポールポジションも獲得しました。ただ、2戦連続のノーポイントに終わり、トップのコルテセからは46点差。2連覇は厳しい状況になっています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ