人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年6月15日

「ウイナーズクラブ」入りへ大きなプレッシャーがかかるTOYOTA GAZOO Racing 重圧を打ち破り、ル・マンを制することができるのかーー

モータースポーツコラム by 平野 隆治
  • Line

昨年までは、LMP1の日独メーカーの激突がハイライトだった。しかし皆さんニュースや雑誌でご存知のとおり、ポルシェはLMP1活動を終え、メーカーとしてLMP1に参戦するのはTOYOTA GAZOO Racingのみとなった。LMP1にはチャンスと見たプライベーターたちが参戦しているが、メーカーの戦いの場はLM-GTE Proクラスに移行したと言っても過言ではない。今年の見どころは、『TOYOTA GAZOO Racingが初勝利を収めるか、収めないか』、『LM-GTE Proはどこが勝つのか』という2点だ。

とはいえ、TOYOTA GAZOO Racingはル・マン24時間においていまだに勝ったことがないメーカーだ。ル・マンを包む空気は、彼らが“ウイナーズクラブ”に入ることができるのかを固唾を呑んで見守っているように見受けられる。

もちろん今年、TOYOTA GAZOO Racingがル・マンの優勝候補ナンバーワンなのは間違いない。性能調整によってガソリンエンジンを使うプライベーターたちとの性能は近づけられているのはたしかなのだが、資金力やチーム力には大きな差がある。また、6月13日のプラクティスでは、TOYOTA GAZOO RacingとLMP1のそれ以外のマシンとは1秒近い差があるほか、WEC世界耐久選手権開幕戦スパの成績をみても分かる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ