人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年6月14日

トヨタ、今年は勝たねばならない!

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line

BMWはワークスドライバーを2台に振り分けているが、最も注目したいのはやはりポルシェ。今年は北米シリーズの2台を加え4台体制とし、エースカーの91号車は80年代ワークスポルシェ同様のロスマンズちっくカラーになった。しかも百戦錬磨のGTワークスドライバーが見事に4台に振り分けられている。車両こそ異なるが今年のニュル24時間を制したリヒャルド・リエツとフレデリック・マコウィッキは91号車、パトリック・ピレとニック・タンディは93号車。個人的にはロマン・デュマ/ティモ・ベルンハルト/スヴェン・ミュラーの94号車を91号車と共にクラス優勝候補に推したい。ポルシェは今年創立70周年ということもあり、完全に勝ちに来ている。これをどこが打ち砕くのか? ベテランのダレン・ターナー擁する95号車、昨年オフにBMWから移籍したマキシム・マルタン擁する97号車のアストンマーチンレーシングも要チェック! このLM-GTE Proクラスは他のクラスよりもヒートアップするかもしれない。

LM-GTE AM(13台)には、日本人ドライバーの名前がある。おなじみ澤圭太は#61クリアウォーターレーシングで、石川資章は#70 MRレーシングといずれもフェラーリをドライブする。

現地では11、12日に公開車検も行われ、レースウィークも盛り上がっているようだ。12日は大雨となったように天候の不安定さが心配だが、今週末はJ SPORTSの予選中継から目が離せなくなりそうだ。良く冷えたシャンパーニュを用意して、自宅でリラックスしながらテレビ観戦を楽しむのも◎でしょう!

皆越 和也

皆越 和也

1961年熊本県出身。1980年代後半に富士スピードウェイで観戦した「WEC in JAPAN」で四輪モータースポーツに目覚め、モータースポーツ専門誌編集部等を経てフリーランスのフォトライターに。SUPER GTは全日本GT選手権がスタートした1993年より、ほとんどのレースを現場で取材している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ