人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年12月5日

届かなかったファイナルへの残心。それでも川崎フロンターレU-18・由井航太は新しい航海へ漕ぎ出していく 高円宮杯プレミアリーグEAST 川崎フロンターレU-18×尚志高校マッチレビュー

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

川崎フロンターレU-18・由井航太

素直な男だと思う。基本的には人と同じようなことは言いたくないタイプ。ただ、少し斜に構えるようなポーズは、あくまでも照れ隠しの現れだ。3月。今シーズンの目標を尋ねると、こういう答えを返してきた。

「まずはチームとして結果を出すことですね。個人のことも大事ですけど、やっぱりチームが勝ってナンボだと思うので、チームのことを一番に考えながら、個人としてはチームで一番の選手で居続けたいなということが一番の目標ですし、今年は公式戦、練習試合含めて、すべての試合で勝ちたいなと思っています」。

これはJ SPORTSのシーズンプレビュー番組のインタビューで聞いた話。その前に昨年のプレミアリーグファイナルの話題に触れていたため、ディレクターの意図はわかっていながら、あえてそこをはぐらかしたような答えが個人的には面白かった。ちなみにインタビュー後、わざわざ「期待されているようなことは言わないですよ」という言葉を悪戯っぽい笑顔で添えるあたりに、本来の人好きのする性格も垣間見えた。

あるいは、そんな目標はあえて口に出すまでもないから、とも言えよう。2022年のプレミアリーグファイナル。EAST王者として国立競技場のピッチに立った川崎フロンターレU-18は、WEST王者のサガン鳥栖U-18に2-3で競り負け、あと一歩で日本一のタイトルを逃してしまう。

由井には忘れられないシーンがある。1点のビハインドを追い掛けていた63分。中盤でパスを受けたものの、前を向こうとした瞬間に相手のキャプテンであり、現在はバイエルン・ミュンヘンでプレーしている福井太智にボールをかっさらわれると、そのままゴールを叩き込まれてしまう。

「受けた時はメチャメチャ自信があって、かわせるなと思ったのに、直前で判断を変えて、違うプレーを迷って選択してしまったので、あのぐらいの選手になると見逃してくれなかったなと思います」。試合後の表彰式でも涙は止まらない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ