人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年12月4日

攻めても攻めてもゴールが遠かった川崎U-18 プレミアリーグ最終節に集まった観衆は3419人

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
等々力陸上競技場

3419人の観客が集まった等々力陸上競技場

J1リーグは最終節を迎えたが、すでにヴィッセル神戸の優勝は決まっており、残留争いも事実上、横浜FCの降格が決まっていた(17位の柏レイソルに勝点で追いつくことはできるが、得失点差を考えると逆転残留の可能性はなかった)。

そんなわけでJ1リーグ最終節は盛り上がりを欠き、週末の話題はもっぱら東京ヴェルディの16シーズンぶりのJ1復帰に集中した。東京Vにはそれだけの“ブランド力”と集客力が残っているのかもしれない。

さて、そんな中で12月3日の日曜日の午後には川崎市の等々力陸上競技場に3419人の観客が集まった。高円宮杯U-18プレミアリーグEASTの第22節(最終節)の川崎フロンターレU-18対尚志高校の一戦だった。

最終節であり、また2位の川崎と3位の尚志高の直接対決。そして、何よりも優勝の可能性を残した同士の激突だった。

プレミアリーグEASTでは青森山田高校が首位を走っており、第21節の昌平高校とのアウェーゲームに勝利すれば、すんなり青森山田の優勝が決まるはずだった。7月のホームゲームでは5対1で勝利している相手だった。

だが、青森山田は後半の83分、87分に連続失点。その後、2点を返して引き分けに持ち込んだあたりはさすがだが、引き分けに終わって優勝決定が持ち越しとなってしまったのだ。勝負強さが持ち味の青森山田としては「痛恨の」引き分けだったろう。

そして、第21節で勝利した2位の川崎と3位の尚志高が青森山田との勝点差を「2」に詰めたのだ。

最終節で青森山田が敗れて川崎か尚志高が勝利すれば、勝点で上回って逆転優勝。青森山田が引き分けに終わった場合は、川崎対尚志高の勝者と勝点で並ぶが、川崎が勝利した場合には青森山田を得失点差で上回るので優勝。尚志高が勝利した場合は、両者の最終節での得失点による微妙な争いとなるはずだった。

青森山田の最終節はFC東京U-18。今シーズンのFC東京は低迷しているが、青森山田とはこれまで何度も優勝争いを繰り広げたことのある宿敵だ。実際、FC東京は第4節に青森山田に2対0で勝利している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ