人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月30日

県4部リーグからプレミアのピッチへ。柏レイソルU-18・関富貫太はその左足でいばらの道をも切り拓く 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

柏レイソルU-18・関富貫太

もうその男はとっくに気付いている。今まで選んできた道が正しいと、今まで下してきた決断が正解だと証明するためには、自分が活躍する以外に方法はないと。だから、目指す。圧倒的な存在を。さらなるステップアップを。その先にある世界の舞台を。

「今後のサッカー人生で考えても、このレイソルで学んだことは本当にたくさんあって、『一番大事な時間を過ごせたな』と感じますし、試合に出ていない時期も、試合で活躍できている時期も、こういう経験は今後上に行った時に絶対に生きてくると思うので、ここでの経験を将来に生かしていきたいです」。

柏レイソルU-18の10番を託されている確かな才能。エレガントに戦えるレフティ。関富貫太は日立台のグラウンドで重ねた時間を自信に変え、もっと、もっと、輝く未来へと飛び出していく。

「大きな決断でした。あまり細かいことは覚えていないですけど、もう練習参加した時に『レイソルに入りたい』という気持ちが大きすぎたんだと思います」。その頃を振り返る笑顔に、おおらかな性格が滲む。関富の言う『大きな決断』とは高校1年生の冬に下した、新たなチームへの“転籍”だ。

相互支援契約を締結しており、指導者の派遣も行われている日体大柏高校と柏レイソルは合同でセレクションを行っているが、中学3年時にそこへと参加した関富は高評価を得ることに成功。日体大柏へと入学し、すぐさまAチームでも活躍し始めると、もともとセレクションのプレーぶりを見ていた柏U-18の酒井直樹監督によって、日立台での練習へと招かれる。

2度の練習参加を経て、高校1年生の1月から柏U-18へと所属が変わったが、当初は慣れない環境に小さくないカルチャーショックを受けたという。「中学の時とのレベルの差もありますし、中学までやってきてなかったことがレイソルでは当たり前だったこともあったので、そういう部分では凄く苦労しましたね」。

関富が中学時代に在籍していたのは、神奈川の相模原に拠点を置くFASCINATE(ファサネイト)junior youthという新興クラブ。当時は県4部リーグで戦っており、トレーニングで個は磨き続けていたものの、高いレベルでの実戦経験はほとんどなかったそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ