人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月24日

日々のトレーニングと諸先輩のアドヴァイスを大切に

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
2019年U17ワールドカップに出場したキャラガーは、いまやチェルシーのゲームキャププテンを任されるほどだ

2019年U17ワールドカップに出場したギャラガーは、いまやチェルシーのゲームキャププテンを任されるほどだ

「あまりにも不名誉」(Telegraph)
「恥ずべき結末」(Daily Mail)

高級紙もタブロイド紙も糾弾した。

インドネシアで開催されているU17ワールドカップで番狂わせが起きた。グループステージを首位で突破したイングランドが、決勝ラウンドに15番目の成績で進出したウズベキスタンに1-2の敗北を屈したのである。

試合開始早々の4分、リース・ラッセル=デニーのクリアミスが発端となり、イングランドは先行される。まだまだ時間は残されているというのに、若者たちは焦りはじめた。連携はほとんど見られず、とくに左サイドはジョエル・エンダラの突破に任せっきり。レフトバックのジェイデン・メグホマが追い越したり、中盤のマイルス・ルイス=スケリー、サム・アモ=アメヤウがパスを引き出したりする工夫がない。

35分、クリス・リッグが配したスピード、角度ともに絶妙すぎるスルーパスからエンダラが決めて追いついたものの、リズム、テンポとも低調のままだ。中二日の4試合目、不慣れな南アジアの気候、脆弱なピッチなどなど、いくつかの条件を言い訳したくなるとはいえ、イングランドに限った話ではない。

FKから失点した67分のシーンも、対応がまずかった。4人の壁が飛ばない。ウズベキスタンMFラジズベク・ミルザエフのキックはたしかに素晴らしかったが、防げたはずだ。

また、ウズベキスタンDFと駆け引きせず、ボールを待つようなプレーに終始したマッティ・ウォーハーストを、81分まで引っ張ったライアン・ギャリー監督の用兵も首を傾げるしかない。代わって入ったジャスティン・オボアウォドゥオはスペースメイクや、中盤に降りてビルドアップをサポートする動きを繰り返していた。

存在感がまったくなかったウォーハーストではなく、工夫をしていたオボアウォドゥオが先発にふさわしかったようにも感じられる。

心のどこかに隙があったのではないだろうか。「ウズベキスタンには勝てる」との自信が開始4分の失点で瞬く間に壊れ、すべてがチグハグになったのかもしれない。いずれにせよ、イングランドはまさかの決勝ラウンド初戦敗退。しかも、アジアの小国ウズベキスタンに、である。ショックは大きい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ