人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月15日

U-17ワールドカップで個人賞を独占したセスクの輝かしい経歴

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
2003年大会で個人賞を独占したセスクは、クラブチームでもスペイン代表でも成功を収めた

2003年大会で個人賞を独占したセスクは、クラブチームでもスペイン代表でも成功を収めた

スコールで中断というアクシデントに見舞われながら、ポーランド戦は1-0の勝利を収めた。

しかし、アルゼンチンには1-3の敗北。FIFA U-17ワールドカップに出場している日本の目標はベスト4だ。11月17日のセネガル戦は、絶対に勝つ。

では、この大会の歴史をサラッと振り返ってみよう。

1985年の初回から数え、今回のインドネシア大会は18回目だ。最多優勝はナイジェリアの5回。続く4回のブラジルは初戦でいきなりつまずいた。前半を2点のリードで折り返しながら、54分から19分間でイランに3点を奪われ逆転負け。少年たちは巨大なプレッシャーにさらされている。

ただ、17歳以下の大会とはいえ、国を背負う恍惚感にも浸れるはずだ。だれにでも経験できるわけではなく、この世代で巨大なプレッシャーを味わえば、年を重ねるごとに対処法が磨かれていく。

「プレッシャーに潰されたなんて言い訳だよ。多かれ少なかれ、ありとあらゆる仕事にプレッシャーは付きものだからね」(クリスチャーノ・ロナウド)
「プレッシャーをエネルギーに代えてこそ真のプロフェッショナル」(長嶋茂雄)

洋の東西を問わず、超スーパースターはプレッシャーの対処法を心得ている。

次は、最優秀選手と得点王に注目しよう。

2019年大会はイングランド勢が独占した。最優秀選手がフィル・フォーデン、得点王は8ゴールをマークしたリアン・ブリュースターだ。

フォーデンに関しては改めていうまでもないが、リヴァプールに所属していた当時のブリュースターも期待は大きかった。ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーから多くを学び、いずれ大輪の花が咲くものと考えられていたのだが……。

足首の負傷や三大エースの分厚い壁に苦戦。20年1月スウォンジーにローン移籍すると、同年10月にはシェフィールド・ユナイテッドに放出された。まだ23歳。老け込む歳ではないのだから、もう一度メガクラブでプレーするチャンスをつかんでほしい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ