人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月15日

評価していいアルゼンチン相手の善戦 序盤戦で連続失点した試合運びが最大の反省点

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
U-17アルゼンチン代表 クラウディオ・エチェベリ

試合開始5分、クラウディオ・エチェベリがFKからの先制点

「善戦しても、負けては意味がない」という言葉がある。フル代表(A代表)のタイトルマッチだったら、それこそが真実であろう。

だが、育成年代のU-17代表の試合であれば、2点を先制された後、アルゼンチンを追い詰めた“善戦”には大きな意味があるのではないか。

バンドンのシ・ジャラク・ハルパト・スタジアムには1万2324人の観衆が詰めかけたが、インドネシア人観客の大半は、前半はアルゼンチンに声援を送り続けた。

ところが、後半に入ると積極的にボールを動かした日本が優勢となり、50分に1点返す。右サイドをサイドバックの柴田翔太郎がドリブルで突破。ペナルティーエリアに入ってから入れたクロスに高岡伶颯が詰めて1点差とした日本代表。その後もパスを回したり、あるいはドリブル突破を試みたりしてアルゼンチンを押し込んだ(アルゼンチンのディエゴ・プラセンテ監督も「引き分けでもおかしくない試合」と認めた)。

すると、アルゼンチンが時間稼ぎをする場面や、反則で止めたような場面では前半とは打って変わってインドネシア人の観客はアルゼンチンに対してブーイングを浴びせかけた。

つまり、前半と後半とではまったく違う展開の試合となったのである。

立ち上がりの2失点が響いて敗れはしたものの、日本が善戦したことは事実。2点ビハインドから同点を目指してアルゼンチン相手に果敢に攻撃を続けたことは大きな自信としていいだろう。佐藤龍之介のドリブルはアルゼンチンのDFで求められなかったし、山本丈偉と中島洋太郎のボランチはパスでアルゼンチンの守備を揺さぶった……。

また、後半だけを見れば、球際での勝負でも日本の選手はアルゼンチンにけっして負けてはいなかった。

ただ、試合が1対3の敗戦に終わったのも事実。8分までに2失点。これが大きくのしかかってくる試合となった。

初戦でセネガルに敗れたアルゼンチンとしては、日本戦はどうしても勝たなければいけない試合だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ