人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月7日

ラ・リーガ、ジローナが単独首位かつプレー内容でも際立つという事態

木村浩嗣コラム by 木村浩嗣
  • Line
オサスナ戦で逆転ゴールを決めたツィガンコフ(中央)

オサスナ戦で逆転ゴールを決めたツィガンコフ(中央)

みなさん、ラ・リーガの順位表を見てほしい。ジローナが首位に立っている!

彼らがアウェイでオサスナに見事な逆勝利する一方で、アトレティコ・マドリーがなぜだかよくわからない弱小にポイントを落とす癖でラス・パルマスに敗れ、バルセロナはクラシコでの悪運を幸運に替え酷い内容でソシエダを破ったが(あのモモ・チョーのパスミスは何だったんだろ?)、レアル・マドリーがベリンガム依存が露呈した格好でラジョ・バジェカーノと引き分けたことで、単独首位かつプレー内容でも際立つ、という事態が起きた。

ジローナ、知ってますか?

創立は1930年で中程度の歴史を誇るが、今季を含め1部生活はたった4季目という、紛れもない弱小クラブである。

少し詳しい人なら、彼らがマンチェスター・シティを頂点とするシティ・フットボール・グループ(CFG)傘下にあることは知っているだろう。フロントのトップはシティの監督ペップ・グアルディオラの弟、ペレ・グアルディオラである。

だが、ジローナの大躍進がCFGのお陰というのは半分も当たっていない。

確かにセンセーションを起こしているドリブラー、サビオはCFG傘下クラブからのレンタルだが、彼の他にレンタルは1人(コウト)だけ。シティに所属歴があるエリック・ガルシア、アレイクス・ガルシア、ヤンヘル・エレーラは、言葉は悪いが戦力外となってやって来た選手である。一方先週末同点ゴール、勝ち越しゴールを挙げたウクライナ人コンビ、ドブビクとツィガンコフを獲得したのも、降格と解任で自信喪失状態のミチェルを監督に大抜擢したのも、CFGとは独立したジローナのスポーツディレクション部門だった。

傘下に入った6季を振り返っても、2部生活と1部生活が半々。1部と2部を行ったり来たりするエレベータークラブに育てたのはCFGかもしれないが、今季の快進撃は間違いなくジローナのフロント、テクニカルスタッフ、選手たちの大手柄だと言える。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ