人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年10月31日

ゴール嗅覚に優れたベリンガム、クラシコで2ゴールを決め公式戦13試合で13ゴール

木村浩嗣コラム by 木村浩嗣
  • Line
ガビ、ベリンガム

クラシコで2得点のベリンガム

クラシコを決めたのはベリンガムの2ゴールだった。

68分の同点ゴールは強烈なミドルシュート。バルセロナ側からすると、クリステンセンの寄せの甘さとテア・シュテーゲンの逆手(左へ飛ぶのに右手で弾き出そうとしたこと)が残念、ということになろう。だが、これはベリンガムの個の力──強く正確に蹴る能力に屈した──というのが正当な評価だろう。

一方、後半ロスタイムの決勝ゴールの方はバルセロナ側にすれば運が悪かった、となる。カルバハルからのパスをモドリッチがトラップミスをし、大きく跳ね上がったボールがDFの頭を越え、走り込んだベリンガムの足下に落ちた。間髪入れずに叩いてGKの股を抜いたのはベリンガムの技だが、味方のミスがなければ転がって来なかったボールだ。

これでベリンガムは公式戦13試合で13ゴールとなった。量だけでなくゴールの質も優れており、クラシコでの勝ち点3を含めベリンガムのゴールがもたらした勝ち点は19。スペイン否、欧州で最も決定的な選手、と言っていい。

ベリンガムの何が優れているのか?

必ず指摘されるのが「ゴール嗅覚」だ。

ボールが転がって来たところに必ず居る能力で、代表的な持ち主に元レアル・マドリーのラウール・ゴンサレスがいる。まるでモドリッチのトラップミスを予測したかのように飛び込めたのは、ゴールの臭いを嗅ぎ分ける能力があるから、とされる。

実際13ゴールのうちGKが弾いたこぼれ球を拾ったものが2つあり、味方のミスがアシストになったものもクラシコ分を含めて2つある。あと、自分のシュートミスが都合良くバウンドしてGKの頭を越えたものも1つある。

となると、ベリンガムは運に恵まれた選手なのだろうか? ラウールは「ごっつあんゴールの名手」と軽蔑的に呼ばれたことがある。ベリンガムもそうなのだろうか?

運のせいにするのは両者に失礼だと思う。サッカーに運は付きものだが、運を引き寄せるのは神の祝福ではなく、本人の能力や努力だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ