人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年8月7日

古豪ノルウェーを破ってベスト8へ!司令塔・長谷川唯が見せる4年越しの進化

サッカーニュース by 松原渓
  • Line

軽快なタッチと、相手を欺(あざむ)くターン。針の穴を通すようなパスに、意表をつくロングフィード。170cmを超える長身選手たちとの体格差をものともせず、「ボールを持つと何かしてくれる」という期待感が、会場のボルテージを上げていった。

女子ワールドカップ・ノックアウトステージ1回戦のノルウェー戦。ボランチのMF長谷川唯は、伸び伸びとタクトを振るっていた。

5バックで自陣の守備を固めたノルウェーに対し、テンポよくボールを動かしながらブロックに綻(ほころ)びを生じさせていく。長谷川がゴールに直結する勝負パスを差し込むと、3万人を超えるスタジアムが「待ってました」とばかりに沸いた。

守備では1失点こそしたものの、危ないシーンで1対1で何度かボールを奪い、攻守で存在感を示した。

結果は3-1。日本は優勝経験もある古豪ノルウェーを下し、2大会ぶりのベスト8進出を決めた。

「チーム全員で勝てた試合だなと実感しますし、ブレずに自分たちのやるべきことをやって、しっかり3点を取って勝てたのは本当に大きかったと思います」

試合後、長谷川は生き生きとした表情でそう語った。

【海外挑戦、ビッグクラブでの成長】

ベスト16で敗退した4年前のワールドカップの時とは、放つ輝きが違う。

マンチェスター・シティに加入して1年目の昨季、長谷川はサポーター、選手、スタッフが選ぶプレイヤー・オブ・ザ・シーズンに選ばれた。高いスキルやインテリジェンスは、目の肥えたイングランドのファンも魅了した。

長谷川の戦術眼の高さを裏付けるプレーがある。

「(相手の)システムを見るのも大事ですけど、どのスペースが空いているかをその都度、見るようにしています。(味方との)1回のパス交換の後にも、その後にどこが空いていたかを振り返って見たり、そういう少しの変化を繰り返し見ていくことで、全体的に空いてくるスペースが分かるようになってくるんです」

日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織で、中学生の頃から体の大きい高校生の中でプレーし、“頭を使って”サッカーをすることを自然と身につけた。視野の広さやテクニックは、国内では10代から際立っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ