人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年1月31日

久保建英の成長とレアル・ソシエダの躍進の理由

木村浩嗣コラム by 木村浩嗣
  • Line
MVP級の活躍、久保建英

MVP級の活躍をみせた久保建英

レアル・マドリーとソシエダのクオリティの差は、1対1での突破力の差に象徴的に表れていた。

スピードか機敏さかパワーで、マーカーを置き去りにできる選手がレアル・マドリーの先発メンバーには6人──ベンゼマ、ビニシウス、ロドリゴ、セバージョス、バルベルデ、カマビンガ──いたが、ソシエダにはブライス・メンデス、久保、セルロートの3人しかいない。1対1でのマークは不十分で1対2で対応しなければならない選手の数が、レアル・マドリーにはソシエダの倍いたことが、展開に決定的な影響を与えていた。

両チームとも1対1のマークはよくできていた。ソシエダでは普通のことだが、普段はマーク漏れがあるレアル・マドリーも今季最高に近い守備で、ラインを上げてプレスを仕掛けて敵陣でボールを奪えていた。

だが、単純に突破者の数と、突破され2人目がサポートに行かないといけない機会の差で、レアル・マドリーが押し込み、ソシエダが後退させられていた。特に、30分過ぎからブライスとオヤルサバルが下がる55分までは一方的で、いつレアル・マドリーが先制してもおかしくなかった。

迫力のあるドリブル突破に、精確なコンビネーションがミックスされたため息が出るような美しい攻撃。この時間帯のレアル・マドリーは攻撃面でも今季最高に近いレベルだった。だが、最後の最後でGKレミロやエルストゥオンド、スベルディア、ル・ノルマン、スビメンディらが身を投げ出して得点を許さない。レアル・マドリーが勝ち点を失う場合、シュートの不正確さが理由なのだが、この試合に限っては運に恵まれなかったことと、相手の執念が上回った、というべきだろう。

ソシエダが盛り返すのはロベルト・ナバーロとマリンが入り、システムをいつもの[4-4-2]ダイヤモンド型から[4-4-1-1]へ変更してからだ。

59分には久保のシュートがあり、67分には久保がGKの前で1対1になりかけるシーンがあった(トラップが長くなりクルトワに激突してイエローをもらう)。66分エルストゥオンドが負傷退場してオラサガスティが入ったことで、ソシエダの中盤は久保以外全員が下部組織出身者となり、イジャラメンディ(32歳)を除くと、久保(21歳)、マリン(19歳)、ナバーロ(20歳)、オラサガスティ(22歳)と超フレッシュな顔ぶれになった。DFのスビメンディ、スベルディア、ル・ノルマンと合わせて計7人の下部組織育ちが、世界選抜と呼んでもいいレアル・マドリーと渡り合った。

これこそがソシエダ躍進の理由である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ