人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年7月27日

トッテナムのラストピースはどこかに潜んでいるのだろうか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
攻撃のピースとして期待がかかるリシャーリソン

攻撃のピースとして期待がかかるリシャーリソン

あくまでもプレシーズン、と前置きしておこう。

GKフレイザー・フォースター、DFジェド・スペンス、クレマン・ラングレ、MFイバン・ペリシッチ、イヴ・ビスマ、FWリシャーリソン……。

現地時間7月23日のレンジャーズ戦で、トッテナムのベンチはなかなか豪華だった。マット・ドハーティとオリヴァー・スキップは負傷のために帯同できなかったものの、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、デヤン・クルゼフスキ、ロドリゴ・ベンタンクール、クリスティアン・ロメロ、エリック・ダイアー、ウーゴ・ロリスなどはラインナップに名を連ねていた。

それでも、6人の新戦力を控えに置けるのだから、トッテナムの補強は極めて順当といって差し支えない。アントニオ・コンテ監督が選び、ディレクターのファビオ・パラティーチが交渉をまとめるスタイルは、ことごとく成功している。

ただ、コンテとパラティーチは現状に満足せず、インテル・ミラノのミラン・シュクリニアル、もしくはアレッサンドロ・パストーニを狙っているという。ペリシッチに続き、コンテは古巣の戦力を削ぎ落とすのだろうか。

さて、即戦力の加入により、トッテナムには強力なユニットが誕生する。右からリシャーリソン、ケイン、ソンというリーグ屈指の3トップが可能だ。あるいは前線にクルゼフスキ、リシャーリソン、ソンを配置し、トップ下にケインも考えられる。

さらにリーグ屈指のボールハンター、ビスマは中盤に安定感をもたらす公算が大きい。現時点でコンテはベンタンクールとビスマを軸に据え、ピエール=エミル・ホイビュアとスキップを含めたローテーションを予定している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ