人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月21日

久保建英のレアル・マドリー復帰を阻む《EU外選手》という壁

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
ベンチから試合を眺める久保建英

久保建英

来る22-23シーズン、久保建英がレアル・マドリーに復帰できる可能性は低い。マジョルカでの不本意なプレーがレベルに達しないのは明らかだが、たとえスーパーな1年を過ごしていても難しかった。EU外選手という壁が立ちはだかり続けているからだ。

今回は久保の身の振り方を考えるための大前提、EU外枠について書きたい。

EU外選手とは、本来EU加盟24カ国以外の国籍の選手のことだが、今はEUに準ずる国々の選手とコトヌー協定加盟国(アフリカ、カリブ海、太平洋諸国)についてもEU内と認められるようになっている。例えば、ジョビッチは母国セルビアがEUに準ずる国なのでEU内扱いだ。

リーガが認めるクラブ当たりのEU外選手の数は3人。この枠はビニシウス、ミリトン、ロドリゴのブラジル人3人で埋まっている。その外で久保とレイニエル・ジェズスが枠が空くのを待っている状態だ。

枠を空けるためには、二重国籍取得が手っ取り早い。が、これがなかなか進んでいない。

二重国籍を取るには、ブラジル人の場合は2年連続でスペインに居住している必要がある。3人のEU外選手のうち18-19からリーガでプレーしている先輩格のビニシウスは2020年夏にこの条件を満たし、スペイン語の試験にも社会・文化の試験にも合格して必要な手続きを完了したが、2年近く経った今も法務省の返事待ち。チームで最後にスペイン国籍を取得したフェデ・バルベルデの場合は手続き完了から約1年で取れており、本来なら昨夏には出ていなければならないのだが……。

この遅延は、コロナ禍ですべての行政手続きが滞っているせいだ。

報道によれば、法務省で国籍の審査を待つ者は、30万人以上に上っている、という。

お役所のやることなので目途というのはまったく立っていない。明日出るかもしれないし、来夏もまだ待っているかもしれない。かつてはクラブが裏から手を回してサッカー選手の国籍取得を優先させる、ということもあったが、非難を浴びてからは特別扱いはなくなっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ