人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月31日

「研究された」リーガ挑戦3季目。久保建英のシーズン総括

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
ベンチから試合を眺める久保建英

ベンチに座る久保建英

リーガ挑戦3季目の久保建英を総括したい。

結論から言えば“研究され行き詰ったシーズンだった”、だ。

行き詰まりは数字に表れている。

今季のリーガでの出場時間は1607分。ルイス・ガルシア・プラサ監督の下、レギュラーでスタートしたことで、ビジャレアル、ヘタフェともに控え止まりだった昨季の1092分は上回った。しかし、3月にハビエル・アギーレ監督に代わると出場機会が減り、最終節は初のベンチ入りしながら出番なしとなった。ゴール数とアシスト数は1つずつ。これは昨季と同じで、1年目の2308分で4ゴール5アシストには遠く及ばない。

“久保は残留争い向きではない”というのが残留請負人アギーレの最後のメッセージだった、と思う。

守備を固めれば最悪勝ち点1は取れる。だから久保の先発はない。守備的なままリードすれば攻撃にシフトする理由はないので、久保は出番がないか出番は限りなく遅くなる。リードされれば得点が必要なので久保の出番となる(この使われ方はイ・ガンインも同じだった)。この同じ理屈で、昨季はヘタフェで出番を失っていた。

要は、久保は守備に難があり、その攻撃力もその難を埋めて余りあるほどではない、ということだ。

攻撃のプラスと守備のマイナスを通算するとマイナス、という監督の判断が、采配にはっきり表れていた。加えて、守備が苦手であれば押し込まれる展開になり消耗する先発で使うより、残り時間30分ほどで使った方が生きる、という考えもあったのだろう。

守備の穴が今季は重点的に狙われた。

久保先発の試合は、対面のサイドの選手だけでなくトップ下やセカンドトップの選手までがサイドに流れて久保の背中を狙った。

久保個人の守備意識は高くなっていると思う。ボールロスト後にアピールしてプレスの初速が遅くなる悪い癖は完全になくなったわけではないが、改善された。

だが、久保のベストのプレーであるドリブル中にボールを失った場合は、どんなに切り替えが速くてもカバーが間に合わない。ドリブルを突っ掛けて、あるいはドリブル中の近いワンツーの関係でボールを失うと、守備者としての久保は無効化され、縦へ真っ直ぐにボールを送り込むだけでカウンターが成立する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ