人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年1月12日

ミッドランズの名門にコウチーニョがやって来た!

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
リヴァプール時代にはジェラード監督と共闘したコウチーニョ

リヴァプール時代にはジェラード監督と共闘したコウチーニョ

フィリペ・コウチーニョがアストンヴィラにやって来た。今シーズン終了までのローン移籍(買取オプション付き)とはいえ、バルセロナで控えに甘んじるよりも、イングランド・ミッドランズの名門でピッチに立つことを選んだ。

「マジシャンの異名が示すように、並外れたテクニックとビジョンを持つ傑出したタレントだ」

アストンヴィラのスティーヴン・ジェラード監督も、コウチーニョの獲得を手放しで喜んでいる。

ブラジル代表歴を持つMFの加入により、アストンヴィラの攻撃は破壊力を増すに違いない。前線のオリー・ワトキンズ、ダニー・イングス、中盤のジョン・マッギン、ジェイコブ・ラムジー、エミリアーノ・ブエンディーアといったタレントに、あのコウチーニョまで参戦するのだから、最終的にはトップ8を目指すべきだ。現時点で8位ウォルヴァーハンプトンとは6ポイント差の14位。射程圏内だ。

J SPORTS 放送情報

さて、「コウチーニョとブエンディーアは似たようなタイプだ。個性を相殺するため、同時に起用することは難しい」との指摘がある。

たしかにそのとおりだ。両選手ともテクニカルなチャンスメイカーである。ただ、ジェラード監督をはじめとする主要スタッフは、確証があったからこそコウチーニョの獲得に踏み切ったはずだ。

ワトキンズ、もしくはイングスの背後にコウチーニョとブエンディーアを起用し、中盤をマッギンとドゥーグラス・ルイスが締める。コウチーニョが左ウイングに入り、逆サイドにドリブラーのラムジー。中盤はマッギン、D・ルイス、ブエンディーアという超攻撃的な並びも悪くない。

「ジェラード監督とはリヴァプールでも一緒にプレーし、今回も彼の存在と野心が移籍を決めた大きな要因だった。ヴィランズ(アストンヴィラ・サポーターの愛称)のためにもハードワークは怠らない」

クラブの公式サイトでも、コウチーニョの覚悟がうかがい知れる。今週末、本拠ヴィラパークにマンチェスター・ユナイテッドを迎撃する一戦から登録可能だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ