人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年10月3日

いよいよファイナル!アルゼンチンの連覇か、ポルトガルの初優勝か〈FIFA フットサル ワールドカップ リトアニア 2021〉

サッカーニュース by 河合 拓
  • Line

新型コロナウイルスの影響を受け、1年間延期となったFIFAフットサルW杯も最終盤を迎え、3位決定戦、そして決勝戦の2試合を残すのみとなった。5年ぶりに決まる世界王者となる権利を有しているのは、前回大会王者のアルゼンチン、そして、史上初となる決勝進出を果たしたポルトガルの2カ国だ。

アルゼンチン代表

両チームともに準決勝では「死闘」と表現するのにふさわしい激戦を制した。アルゼンチン代表は、今大会で最もスター選手を多く抱えていたブラジル代表と対戦。過去、フットサルW杯での対戦成績は、6戦6敗と分が悪かったアルゼンチンだが、組織的な守備でブラジルの攻撃を封じ込めるとともに、相手の隙を逃さずに2点のリードを奪った。

その強さを象徴するのは、自陣からのロングカウンターで決めた2点目の場面だ。先制を許したブラジルが前に出たがるのを尻目に、自陣でボールを回しながらチャンスをうかがう。そして、世界最高のピヴォであるFPフェラオに苦手とする守備を強いる局面を作り、長い距離を走らせて、高精度のプレーをゴールに結びつけた。

先制点、追加点を挙げたアルゼンチンは、CKからフェラオに1点を返される。それでも後半は、ビハインドを取り返しに来たブラジルに対して、GKニコラス・サルミエントの驚異的なセービングもあり、最後までゴールを割らせなかった。

今後も間違いなく語り継がれる名勝負の末に、リベンジに燃える宿敵からW杯初勝利を挙げたアルゼンチン。だが、前回大会を優勝している経験は、彼らを勝利に酔わせ続けることを許さないはずだ。

そんなディフェンディングチャンピオンと世界一をかけて戦う権利を手にしたのは、世界最高の選手であるFPリカルジーニョを擁するポルトガルだ。だが、コンディション的に、彼らは厳しい状況にあると言わざるを得ない。ラウンド16のセルビア戦(4-3)、準々決勝のスペイン戦(4-2)は、ともに延長戦の末に勝利。そして、準決勝は、2-2でPK戦にまでもつれる熱戦を演じている。アルゼンチンはロシア戦こそPK戦にもつれたが、それ以外の試合は40分間で決着をつけているため、ポルトガルは20分多く戦っているのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ