人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年9月8日

高給取りが揃うパリSGの年俸総額は450億円にも達した

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
キリアン・エムバペ(写真中央)

キリアン・エムバペ(写真中央)

なぜパリ・サンジェルマンは、キリアン・エムバペ関連のビジネスをまとめなかったのだろうか。彼と相思相愛の仲いわれるとレアル・マドリーから届いたオファーは、2億ユーロ(約260億円)もの巨額だったのだが……。

リオネル・メッシ:ボーナス込みで最大8000万ユーロ(約104億円)
ネイマール:5600万ユーロ(約73億円)
エムバペ:3200万ユーロ(約42億円)
セルヒオ・ラモス:2700万ユーロ約35億円)
ジャンルイジ・ドンナルンマ:1800万ユーロ(約23億円)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム:1700万ユーロ(約22億円)
アシュラフ・ハキミ:1500万ユーロ(約20億円)
※日本円の1000万円以下は四捨五入。1ユーロ=130円で換算

パリSGの年俸は、主力だけで320億円近くに達する。さらに1000万ユーロ(約13億円)以上の高給取りが10名前後いるため、年俸総額は450億円に届こうとしているに違いない。

獲得に7000万ユーロ(約91億円)を要したハキミを除き、メッシ、S・ラモス、ドンナルンマ、ワイナルドゥムと、フリートランスファーにこだわった理由がここにある。スポルティングからやって来たヌーノ・メンデスも買取オプションつきとはいえ、今シーズンはローンだ。収支のバランスを整える意味でも、やはりエムバペは手放すべきだった。

しかも彼はマドリーに移籍しようとしていた。パリSGに対する思い入れはもはや薄い。モチベーションを刺激できない選手は戦力にならず、不満分子になる恐れがある。

したがって、市場が再開する来年1月には、移籍金が夏より下がったとしてもエムバペをマドリーに、色よいオファーを届けるクラブに売却した方が得策だ。

さらに、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の構想から外れている、もしくは外れかけているアンデル・エレーラ、レイバン・クルザワ、ティロ・ケーラー、ラフィーニャなども放出し、経営のスリム化を図らなくてはならない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ