人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月17日

日本人対決の前に。久保建英と原大智の現在地

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
フリーキックでゴールを狙う久保建英

フリーキックでゴールを狙う久保建英

21日(土)アラベス対マジョルカがある。

猛暑のこの時期にはギリギリの17時キックオフ(日本時間深夜24時)で、ラ・リーガも日本人視聴者を待っているようにみえる。当日は30度超えの予想で「真夏の対決」になるだろう。

久保建英のデビューは予想より早かった。

オリンピック疲れがあるので休ませるかと思ったが、期待の表れだろう。現地では久保コールも起きた、と聞く。

30分ほどのプレーで、イエローを誘った突破もあったし、FKも蹴ったし、ボールロストもあったし、中へ絞り過ぎの守備で、サイドから侵入する相手をフリーにするシーンもあった。球際での反応やピンチの察知がやや遅かったので、疲労はやはりあったと思う。だから、以上挙げたようなことはあまり参考にならない。

久保本人よりも彼を取り巻く状況のことを書こう。

マジョルカはベティス戦を[4-1-4-1]でスタートし、久保が入ると[4-4-2]となった。2トップで点を取りに行こう、ということだろう。まずマジョルカはやはりボールが持てない。2部ではポゼッションしていたが、1部レベルでは難しい。よって、久保は守備の時間が長くなることを覚悟しておいた方がいい。

ポジションは左右サイドになりそうだ。左サイドにはラゴ、ダニ・ロドリゲス、右サイドにはやはりダニ、ムボウラというライバルがいる。このうちダニは攻守の運動量でもクオリティでも絶対に外せないので、彼をトップ下やセカンドトップに移して、サイドへ誰かを入れる選択になる。

ラゴにもムボウラにも走り始めると止められないスピードに乗ったドリブルがある。久保は彼らほど長く速くは走れないが、スペースがなければ行き詰る彼らに対して、時間もスペースもないところでの俊敏なアクションがある。意表を突いたトラップでマークを外しリズムチェンジで抜いて、ゴールに繋がる決定的なパスを出せる。

間を作り、周りを生かすことは彼らにはできない。彼らはいわば“馬力はあるが粗い大技の使い手”であり、久保は“テクニックと戦術眼に裏付けされた精密な小技の使い手”である。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ