人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年7月28日

オリンピックで健闘するアスリートに心から感謝を!

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
遠藤航

遠藤航

自分のミスを省みずに現役の首長を糾弾する学者、根拠のない薄っぺらな論調で世間のヒンシュクと失笑を買う芸人、責任から逃げ続け、物事の重要性に気づいていない大臣閣下……。いやはや、嫌な時代になったものだ。

後ろ向きの批判が繰り返されるご時世で、東京オリンピック・パラリンピックは一服の清涼剤になるはずだった。しかし、前会長も含めた組織委員会の失態が次々に暴露されている。大会の中止を判断する権限はIOC(国際オリンピック委員会)しか持たないのだが、「東京にもある」といって譲らないコメンテイターのミスリードも不愉快だ。

男子陸上の4×100mリレーは金メダルを獲れるのか。白血病から立ち直った女子競泳の池江璃花子は何色のメダルを!? 前向きな話題は探せば見つかるはずなのに、政治的でネガティヴなテーマを好んでクローズアップするメディアがまだある。

1964年の東京大会は、10月10日に開幕したと記憶している。当時、小学生だった筆者は社会科見学でマラソンを(はっきり覚えている)、伯父に連れられて男子サッカーの日本対アルゼンチン戦を(こちらの記憶はおぼろげだ)体験しているが、57年前は現在のようにギスギスしていなかった。コロナだけではなく、ITの発達によって匿名性の悪意が加速し、人々の心は荒んでいる。

いや、そんな時代だからこそ、アスリートたちの健闘に心から感謝したい。

男子バドミントンの桃田健斗は圧倒的な強さを見せるのか!? フクヒロペアこと女子バドミントンの福島由紀、廣田彩花は!? パラリンピックの男子テニス、国枝慎吾は!? 興味は尽きない。

そしてサッカーも、男女ともにメダル候補だ。

男子は今夜のフランス戦に勝つか引分けるか、負けても1点差なら決勝トーナメントに進出する。小細工せず、フランスをガツンと叩いてやればいい。

個人的な期待は遠藤航だ。昨シーズンに記録したデュエルの勝利数476回は、ブンデスリーガで堂々の第1位。もっともっと、知名度と人気度が上がってしかるべき存在だ。ちなみにシュツットガルトのペッレグリーノ・マタラッツォ監督は、新シーズンのキャプテンに遠藤を指名している。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ