人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年7月9日

サウスゲイト監督はこう言った。「決勝は勝つためにある!」

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
サウスゲイト監督

サウスゲイト監督

2000年代初頭から後期にかけて、イングランドはワールドカップでもヨーロッパ選手権でも、、優勝候補の一角に挙げられていた。デイヴィッド・ベッカム、リオ・ファーディナンド、スティーヴン・ジェラード、フランク・ランパード、アシュリー・コール……。数多くのスター選手を擁していたのだから当然だ。

しかし、周囲の期待を裏切り続ける。

「クラブ間のライバル意識が激しすぎて、代表チームとしてのまとまりを著しく欠いていた」(R・ファーディナンド)

08年1月から約4年に渡って監督を務めたファビオ・カペッロも、「異常なほどの緊張感だった」と当時を振り返っている。

いま、イングランドのムードはすこぶる良い。準決勝のデンマーク戦でハリー・ケインが決勝ゴールを決めたとき、かつてないほどの一体感にあふれていた。フィル・フォーデンの顔が興奮で紅潮していた。ジョーダン・ヘンダーソンが殊勲のヒーローを手荒に祝福し、多くの選手が歓喜に折り重なっていく。

また、試合終了後はサポーターとともに『スイートキャロライン』を大合唱。ウェンブリーがひとつになった。

クラブ間のライバル意識がなくなったわけではないだろうが、異常なほどの緊張感をもたらすような険悪な関係ではない。チェルシーのメイソン・マウントとウェストハムのデクラン・ライスはだれもが知る親友同士だ。ヘンダーソン(リヴァプール)やケイン(トッテナム)といったチームリーダーはロッカールームの政治に興味がなく、ムードメーカーとしてもひと役買っているという。

元イングランド女子代表のカレン・カーニーも、「まるで魔法を見ているみたいだった。EURO20のイングランド代表は、チームというより “家族” ね」と、興奮を抑えきれない様子だった。

1966年に地元開催したワールドカップ以降、メジャー大会では55年ぶりの決勝進出である。冒頭に挙げた5選手をはじめ、ガリー・リネカーやマイケル・オーウェン、ポール・スコールズ、ウェイン・ルーニーといった名手も届かなかった栄冠が、目前に迫ってきた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ