人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年7月7日

ケインの復調でイングランド前進!ヨーロッパの頂点まであと2勝

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ウクライナ戦でゴールを決めたケイン

ウクライナ戦でゴールを決めたケイン

ウクライナDFオレクサンドル・カラヴァエフのヘディングクリアを、その男はダイレクトで叩いた。GKゲオルギー・ブシュチャンに阻まれたとはいえ、凄まじい一撃だった。

「よし、もう大丈夫だ」

本人も手ごたえを感じ取ったのではないだろうか。

ハリー・ケインである。

EURO20のグループステージは動きが重く、ゴールよりもビルドアップやアシストを意識したようなプレーに終始していた。

J SPORTS 放送情報

2ゴールを挙げたウクライナ戦終了後、大会全体を見通したスロー調整なる見解も目にしたが、EUROやワールドカップ、コパ・アメリカのようなビッグトーナメントでは、主力のコンディションが代表チームの結果に直結する。ケインはイングランドにとって、唯一無二のスーパーゴールゲッターだ。

彼の不調がクローズアップされたのは当然であり、大会全体を見通したスロー調整は後付けの感が強い。実際、イングランド代表として多くの修羅場を潜り抜けてきたアラン・シアラー、ガリー・ネヴィル、リオ・ファーディナンドといった面々も、グループステージではケインのパフォーマンスを不安視していた。

さて、復調の確信がウクライナ戦のボレーならば、きっかけはドイツ戦でのヘディングだろう。86分、左サイドからジャック・グリーリッシュが正確なクロス。ゴール前でドイツDFマティアス・ギンターから離れてフリーになっていたケインは丁寧、かつ強烈に合わせた。

1点を取るとストライカーはがらりと変わるといわれるように、ケインもこのゴールによって積極性が戻ってきた。ウクライナ戦でも積極的な飛び出しで先制点を決めている。ラヒム・スターリングからパスが来ると信じて動き出したからこその1点だった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

冒頭に挙げたスーパーボレーも、クリアの落ち際を察知していたかのようにポジションを修正していた。まさに “嗅覚” である。グループステージのケインからは想像できない動きだった。

ケインの復調に伴い、イングランド国内はヨーロッパ制覇の期待が日増しに高まっている。準決勝の相手は、病に倒れた「クリスティアン・エリクセンのために」という特別なモチベーションが強みのデンマークだ。決勝はスピーディーなアタックが持ち味のイタリアだ。彼らもまた、ヨーロッパ制覇の野望に燃えている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ