人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年6月28日

バルサ復権の鍵を握る《天才》フレンキー・デ・ヨング「周りがどう思うかは関係ない」

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line

もし、来季インサイドMFに専念できれば、フィニッシュ関連のゴール数やアシスト数は増えるに違いない。そうなれば選手としてのマルチさやオールマイティな部分は薄れるかもしれないが、「完璧なMF」により近づくだろう。

さて、これだけの選手でありながらインタビューを見ると、無頓着な今風の若者という印象を受ける。

フレンキー・デ・ヨング 映像協力:Diari ARA

もの凄い重圧の中でプレーしているはずだが「周りがどう思うかは関係ない」し、ミスを恐れることなくプレーするスタイルは「意識はしてないよ。ナチュラルにそうなんだ」と自然体。憧れのチームで凄い重圧の中でプレーしているはずだが、「特に対策はしてない。精神面を鍛えるトレーニングもしていない」と呑気だ。サッカーの社会的な意義についても、自ら人種差別と闘うアクションを起こしながらも「でも世界で起こる問題に対して毎回 選手たちに何かをするべきとプレッシャーを掛けるべきではないよね」とも言っている。バランス感覚がありクールである。

ただ、「でも攻撃的に行って負けるのなら守備的でもタイトルを獲る方を選ぶよ」という部分には負けず嫌いさ、勝利への貪欲さも覗く。

ポジションについては「どこでプレーしたい?」と聞かれたら「ミッドフィルダーだ」と自己主張しながらも、「監督が必要だと思うポジションでプレーするのが僕の役目だと思っている」が結論だ。これ、一見優等生発言にみえるが、インタビューのやり取りから推測するに“MFにこだわってベンチよりもプレーする方を選ぶ”ということなのではないか。

こだわらないのは何でもできるから。呑気なのはそれでベストパフォーマンスができるから。「天才」という形容しか浮かばない。

※オランダ代表はこのあと決勝トーナメント1回戦でチェコに破れてしまった。
フレンキー・デ・ヨングにとっては願わない形でバケーションに入ることになっ
たが、英気を養って新シーズンに戻って来てほしい。

文:木村浩嗣

フレンキー・デ・ヨング選手インタビュー 映像協力:Diari ARA

木村浩嗣

編集者、コピーライターを経て94年からスペインへ。2006年に帰国し『footballista フットボリスタ』編集長に就任。08年からスペインに拠点を移し特派員兼編集長に。15年編集長を辞し指導を再開。スペインサッカーを追いつつセビージャ市王者となった少年チームを率いた。現在はグラナダ在住で映画評の執筆も。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ