人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年11月18日

インテルで不遇のエリクセンにシティ移籍のススメ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
エリクセン

トッテナム時代のエリクセン

センターバックは不安だが、現有勢力でも闘える──。

トッテナムのサポーターは胸を張っているに違いない。ガレス・ベイル、ハリー・ケイン、ソン・フンミンの3トップは世界屈指の破壊力だ。ゲームメイクでもセンスを見せつけるケインをトップ下に配置し、ベイルと縦に並べる布陣も悪くない。

ジオバニ・ロチェルソが3トップの背後でボールをさばき、中盤をモハメド・シソコ、ピエール・エミル・ホイビュア、タンギ・エンドンベレが固めるプランも魅力的だ。守備能力を踏まえ、エンドンベレに代わってベン・デイビスを起用してもいいだろう。

だからこそ冬の移籍市場でCBを獲得したいが、コロナ禍のフットボール界は経済状況が芳しくなく、各クラブともビッグマネーは動かしづらい。トッテナムが世界に誇る “敏腕” ダニエル・レヴィー会長でも、二の足を踏まざるをえない状況だ。

この夏にも獲得を目論んだミラン・シュクリニアル(インテル・ミラノ)と再交渉、という噂が飛び交っているとはいえ、両チームが二歩も三歩も歩み寄らないかぎり、またしても破談に終わるだろう。交渉相手の足もとをみるだけの駆け引きは時間の無駄使いだ。世の中の動きに敏感であるべきだ。

さて、インテルといえば、クリスティアン・エリクセンが不遇をかこっている。本人も「夢に描いていたような場所ではなかった」と語ったように、アントニオ・コンテ監督の構想から外れてしまった。今シーズンのセリエAでは5試合に出場し、ノーゴール・ノーアシスト。チーム内の序列は下がる一方だ。

「このような状況は続くのなら、来年1月に移籍する」

エリクセンの発言に多くのメディアが飛びついた。

「パリ・サンジェルマンが興味津々」
「エージェントがアーセナルに接触」
「トッテナムに電撃復帰の可能性も」

マンチェスター・シティは動かないのだろうか。ダビド・シルバ退団のダメージは大きく、中盤はケビン・デブライネのセンスだけが頼りになってきた。イルカイ・ギュンドアンの献身は評価できるが、イマジネーションに欠けている。フィル・フォデンはまだ物足りず、ベルナウド・シウバは一昨シーズンのパフォーマンスを取り戻せずに苦心している。

エリクセンの技巧とセンスをもってすれば、シティの攻撃に彩りを加えられる。デブライネと同じ絵も描ける。プレミアリーグのプレー強度も身に染みて分かっている。環境の変化に戸惑うリスクは小さい。

イタリアの水が合わなかったのか、インテルに馴染めなかったのか、エリクセンの不振は環境の違いによるものだろう。しかし、7年も過ごしたイングランドに戻ってきさえすれば、彼本来のプレーを瞬く間に取り戻せるはずだ。

市場価格は4500万ポンド(約62億円)。コロナ禍のフットボール界では、20%前後のダウンも考えられる。シティなら、おそらく支払える金額だ。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ