人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年8月19日

新監督はクーマン濃厚!?バルセロナは前途多難の夏を迎えた

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
メッシ

頭を抱えるメッシ

2-8……。

チャンピオンズリーグ準々決勝で、バルセロナはバイエルン・ミュンヘンに屈辱の敗北を喫した。8点を奪うことなら想像できるが、その正反対ともいうべき無様な姿をさらすとは、トラウマになりかねない一戦だ。

バイエルン戦の敗北は、当然のようにキケ・セティエン監督を追い詰め……いや、解任は既定路線といって差し支えない。選手との不仲、とくにリオネル・メッシとの関係に大きな亀裂が入っていたため、バイエルン戦で勝利を収めていたとしても、チャンピオンズリーグを制したとしても、セティエンは留任できなかったと考えられる。

さて、新監督はロナルド・クーマンが濃厚だ。91-92シーズンのチャンピオンズカップ(チャンピオズリーグの前身)決勝で右足一閃。バルセロナに初のビッグイヤーをもたらした名DFだったが、みずからの意見を決して曲げない頑固者でもある。現役当時も監督になってからも考え方に柔軟性を欠き、行く先々でトラブルを起こしてきた。バルセロナのリ・スタートにふさわしい指揮官といえるのだろうか。

また、チーム自体がひとつのサイクルを終えようとしている。メッシとルイス・スアレス、ジェラール・ピケは33歳になり、セルジオ・ブスケッツも32歳になった。キャリアの晩年。プレー強度が日に日に落ちていく。メッシはもともと守備の意識が低く、スアレスはリヴァプールでプレーしていた当時の献身性が薄れている。

しかも、クーマンの基本プランはハイライン・ハイプレスだ。メッシとスアレスが適応するとは思えない。ただ、メッシとスアレスを冷遇すればサポーターの反感を買う。放出はもってのほかだ。したがってクーマンはメッシとスアレスの顔色をうかがいつつ……。

選手の力が大きくなりすぎている。監督ではなく、一部の選手がロッカールームをコントロールするケースが増えてきた。本来、指揮官が持つべき現場の決定権を、もうひとりのボスが奪おうとする。派閥抗争が勃発し、チームは空中分解。ここ数年、各所で繰り返されているパターンだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ