人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年4月22日

ニューカッスルの立ち位置は数年後に変わっている!?

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ショーン・ロングスタッフ

ニューカッスルの買収に関して動きがあった。

先週金曜日のコラムでは、『BBC』(英国公共放送)の情報をもとに「女性実業家のアマンダ・ステイプリーが買収」と報じたが、詳細が明らかになってきた。ステイプリーが10%、イギリスの大富豪であるサイモンとデイビッドのルーベン兄弟も10%の株を保有し、残り80%は『サウジラビア公的投資資金』(PIF)のものになるという。

『BBC』によると、『PIF』の総資産は驚異の2508億6000万ポンド(約33兆3600億円)。リーグ・ナンバー1の経済力に支えられるニューカッスルは、今後4~5年で大変貌を遂げるかもしれない。

イングランドの『クロニクル』紙もカネの臭いを敏感にかぎつけ、新生ニューカッスルの補強候補を探っている。

J SPORTS オンデマンド配信情報

ガレス・ベイル、ハリー・ケイン、クリスチャーノ・ロウンド、ラヒーム・スターリング、ネイマール、そしてリオネル・メッシ! 名前を出せばいいってもんじゃないっ! 彼らビッグネームがニューカッスルにやって来る可能性は、日本の政治家たちが「コロナ禍ですから歳費以外にも削減します」と言い出すのと同様だ。ほぼありえない。

また、『クロニクル』紙が挙げたハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)はエヴァートン移籍が有力視され、クリスタルパレスのウィルフレド・ザハは、今夏こそステップアップを目論んでいる。ニューカッスルは選択肢に入っていない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ