人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年2月5日

リーグ3連覇は絶望的だがシティにカップトレブルのチャンスあり

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
グアルディオラ

マンチェスター・シティが25節終了時点で6つも負けるなんて、予想していなかった。リヴァプールを懸命に追走し、背中は捉えられないまでも冷や汗ぐらいはかかせるだろうと考えていたが、22ポイントもの大差をつけられてしまった。

たしかに、今シーズンのリヴァプールは強い。25戦24勝1分無敗。リーグ最少の15失点、クリーンシート11試合はリーグ最多。守備陣の安定がうかがい知れる驚異のデータだ。トレント=アレクサンダー・アーノルドは早々と10アシストをマークし、自身が持つDF最多記録の12を更新する勢いだ。彼のFKからフィルジル・ファンダイクが4発! マジ、強すぎる。

とはいえ、あのシティが22ポイントも引き離されるとは……。ヴァンサン・コンパニがアンデルレヒトに移籍した。膝を負傷したエメリック・ラポルトは長期の戦線離脱を余儀なくされた。ジョン・ストーンズはマッチフィットネスをなかなか取り戻せず、左サイドバックは質が低い。やはりDF陣の弱体が痛かった。

もちろん、ジョゼップ・グアルディオラ監督も強化するつもりだったが、今夏に予定されている大きな動きが影響し、今シーズンのバージョンアップは上層部からストップがかかったという。昨シーズンの同時期は失点20。今シーズンは29。データも正直だ。ウォルヴァーハンプトンに2-3、0-2のダブルを食らったり、ノリッジにも2-3の苦杯を舐めたり、前節はハリー・ケイン不在のトッテナムに0-2の完封負け。リヴァプールとのマッチレースを演じられないまま、3連覇は絶望的となった。グアルディオラ監督も「もう追いつけない」と白旗を掲げている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ