人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年1月31日

データ重視の人選ならばピックフォードよりヘンダーソン

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ディーン・ヘンダーソン

データはひとつの目安だが、見逃せない要素を突きつけられるケースもある。

★3位:ディーン・ヘンダーソン(シェフィールド)
セーブ率:74・68%
★21位:ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)
セーブ率:63・92%

イギリスの人気サイト『フットボール365』が、プレミアリーグのGKをセーブ率で格付けした(1月26日現在/対象は24名)。イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督の背筋にも、冷たいものが走ったとか走らなかったとか……。

所属クラブによってゲームプランに違いがあるため、このデータを鵜呑みにするのは愚の骨頂だ。しかし、イングランド代表の正GKピックフォードは21位。彼の下には信じられないような不振に陥ったケパ・アリサバラガ(チェルシー)、リヴァプールの二番手であるアドリアン、そしてアレックス・マッカーシーにポジションを奪われたサウサンプトンのアンガス・ガンしかいない。ピックフォード自慢のキックも精度を欠いているため、エヴァートンのカルロ・アンチェロッティ監督は夏の市場でイタリアから新GKを獲得する、との情報も漏れ伝わってきた。

一方、ヘンダーソンは好調だ。リヴァプールのアリソン、トッテナムのウーゴ・ロリスに次ぐリーグ3位のセーブ率を誇っている。安定感が増し、スーパーセーブで貢献。賞味期限切れ気味のダビド・デヘアに代わり、来シーズンは古巣マンチェスター・ユナイテッドにローンバックする可能性まで浮上してきた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ