人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年1月20日

安部裕葵のバルサBをキケ・セティエーンが見守る。「自分がやることはこのチームのために必死に走ること」

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line
安部裕葵

バルサB安部裕葵は10試合連続のスタメンと、すでに攻撃の一角として重要な役割を担う。直近のエスパニョールB戦では左サイドで先発、しかし今節のバダロナ戦では再びセンターフォワード(CF)でプレー。バダロナは以前、14シーズンにわたって2部で戦った古豪。しかし今シーズンはセグンダB(実質3部)の下位に甘んじている。

試合はバルサトップチーム監督に就任したキケ・セティエーンが見守る中、前半43分バルサBのカウンター、くさびを受けた安部がハーフライン付近、右アウトダイレクトで左に落とすとそのまま抜け出す。エリア内中央左でグラウンダークロスを受け、さらに突破を図るも倒される。これはPKとはならなかったが、この一連のプレーでも違いを見せた。しかし前半終了間際、バダロナに先制点を許す。巻き返しを図るバルサBは後半9分、相手のクリアをエリア外中央からモンチュが豪快なボレーで同点弾を叩き込む。さらに後半34分、オランダ人MFルドヴィット・レイスの見事なスルーパスに途中出場右サイドバックモレールが抜け出し、一人かわして左足で決め、逆転。試合はこのまま終了し、安部はフル出場、バルサBが勝利をものにしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ