人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年12月27日

ゼンガの〈神対応〉といまでも心の奥に深く突き刺さるひと言

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ゼンガ

メディアの世界で40年近く生きてきた結果、数多くの著名人と接し、インタビューするチャンスに恵まれた。

ブライアン・ロブソン、ドラガン・ストイコヴィッチ、オズバルド・アルディレス、真田広之、草刈正雄、アントニオ猪木、ハルク・ホーガン、初代タイガーマスク、ガッツ石松、南野陽子、第六十三代横綱・旭富士(現伊勢ケ濱親方)……。個性豊かな人たちばかりだ。マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンを務めていた当時のロブソンは、言葉を丁寧に選びながら真剣に答えてくれた。間近に座る南野陽子は美しく、胸がときめいたことを鮮明に覚えている。ガッツさんはすっ飛んでいたなぁ。

「おーい、日本から来たメディアってあんたたちのことだろ?」

J SPORTS 配信情報

話しかけてきたのはインテル・ミラノの名GKワルター・ゼンガだった。いまから30年も前の話である。スポンサーを通じ、ユルゲン・クリンスマンにインタビューする手はずを整えていた。ところが、取材前日のミラノ・ダービーで敗れたため、ジョバンニ・トラパットーニ監督がすべての予定をキャンセルしたのである。勘弁してくれ。予算の都合で長くはイタリアに留まれない。一刻も早くだれかに、できるものなら日本でも人気のある選手にコンタクトを取り、インタビューの時間をさいてもらわなくては……。

そう、救いの主はゼンガだった。こちらの事情を説明すると、インタビュー即決。ミーティングルームの使用許可までとってくれた。まさに〈神対応〉である。

さて、30年が過ぎたいまも忘れられない発言がある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ