人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年12月6日

ポチェッティーノは急がばまわれ。よりよいオファーは必ず来る

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
マウリシオ・ポチェッティーノ

トッテナムを解雇された後、マウリシオ・ポチェッティーノは故郷アルゼンチンでノンビリしている。「自分を見つめ直すための時間が必要だった。古い友人と話し、気持ちをリセットしたかった」と、胸の内を明かしている。

ただ、トッテナムをチャンピオンズリーグの常連に育て、昨シーズンは決勝まで導いた名将を、ヨーロッパの強豪が放置しておくはずがない。バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ナポリといった有名どころが、すでにオファーを届けたとの情報もあるほどだ。

J SPORTS 放送情報

そのなかから、バイエルンが撤退したという。ハンシ・フリック暫定監督がチームを建て直しつつあること、シーズン中に二度の指揮官交代はリスクが大きすぎることなどから、ポチェッティーノの招聘を見送ったようだ。カールハインツ・ルムメニゲ代表も、「今シーズン終了まではフリックに任せる」と語っていた。

アーセナル着任は難しすぎる。18年前、トッテナムからアーセナルに移籍したソル・キャンベルは、ボディカードを雇うほど神経を遣っていた。ノースロンドンにおける敵対関係の凄まじさを物語るエピソードである。フレディ・ユングベリ体制(暫定)も1分1敗とつまずき、一刻も早く有能な監督のもとでリ・スタートを図りたいアーセナルだが、ポチェッティーノという選択肢は多くの混乱を招きかねなない。ファンの感情がエスカレートした場合にも備え、ここではセキュリティを重視すべきだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ