人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年8月29日

世界最高のCBファンダイクにビッグプライズをダブルで!

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ファンダイク

1.フィルジル・ファンダイク(リヴァプール)
2.ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)
3.カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
4.エメリク・ラポルト(マンチェスター・シティ)
5.セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
6.ジェラール・ピケ(バルセロナ)
7.ヤン・フェルトンゲン(トッテナム)
8.ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
9.トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム)
10.バリー・マグァイア(マンチェスター・ユナイテッド)

イギリスのフットボール専門誌『Four Four Two』が、世界のセンターバック・トップ10(8月現在)を発表した。

「なぜマタイス・デリフト(アヤックス→ユベントス)が入っていないんだ!?」。アヤックスのファンは怒っているに違いない。「ディエゴ・ゴディンだってトップレベルだぞ」。この夏、インテル・ミラノに移籍したキャプテンを、アトレティコ・マドリー支持者が懐かしんでる。「あれっ、クリス・スモーリングとフィル・ジョーンズ(ユナイテッド)は……」。言っていい冗談と悪い冗談がある。

ランキングには賛否両論がつきまとう。基本的に選者の趣味・嗜好が入るからだ。S・ラモスの実力は認めるものの、対戦相手を危険に陥れるラフプレーには怒りを隠せない。ちなみに筆者はデリフトとニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)がランクイン。前者は超近代的なCBで、昨シーズンのチャンピオズリーグでもアヤックス大躍進の担い手だった。後者は近年稀にみるハードタックラーだ。つなぎの精度も非常に高い。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ