人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月31日

楽しそうにしているじゃないか!U20の日本代表は頼もしく映る

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
U-20 日本代表 イタリア戦 集合写真

LIVE配信予定

フットボールの世界は不眠不休だ──。

ヨーロッパの2018-19シーズンは幕を閉じたが、数多くのスター候補性が集うFIFA U-20 ワールドカップが5月23日に開幕した。イングランド、スペイン、ブラジル、オランダなどは地区予選で姿を消したとはいえ、大会自体のレベルが低下したわけではない。来年のヨーロッパ選手権、3年後のワールドカップで主役を務める公算大の若者を早めにチェックする意味でも、注目度の高いコンペティションだ。

しかも過去の大会で、ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)、ロベルト・プロシネツキ(クロアチア)、セイドゥ・ケイタ(マリ)、ポール・ポグバ(フランス)といったタレントが次々に発掘されている。ビッグクラブのリクリート担当が、今回の開催国ポーランドにもこぞって駆けつけているのは当然だ。すでにフル代表しているディエゴ・ライネス(メキシコ)、イ・ガンイン(韓国)、アンドリー・ルニン(ウクライナ)、クチョ・エルナンデス(コロンビア)、ジェルソン・フェルナンデス(ポルトガル)あたりは、夏の移籍市場で大きな動きがあるとみるメディアも少なくはない。

さて、日本の若者たちは1勝2分でグループステージを突破した。第3戦のイタリア戦で田川亨介が右ハムストリング、斉藤光毅が左肩を負傷。両選手ともに戦線離脱を余儀なくされた。とくに田川が負傷した箇所は気になる。リヴァプールで一世を風靡したマイケル・オーウェンも、つねにハムストリングの不安を抱えていた。スプリント力のある選手の宿命とはいえ、田川の、そして斉藤の早期回復を祈るばかりだ。

ただ、アンダー世代の日本代表をみていると、ついつい口もとが綻んでいく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧