人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年4月19日

勝者は勢いづいているだろうか。敗者は立ち直っているだろうか

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

マンチェスター・シティとトッテナムのチャンピオンズリーグ準々決勝第二戦は、《史上最もクレイジー》な一戦だった。

後半の追加タイム3分にラヒーム・スターリングのゴールが決まったが、VARの結果セルヒオ・アグエロのオフサイドが発覚して取り消し。トッテナムがアウェーゴールの差でベスト4に進出している。

勝者は勢いづいているだろうか。
敗者は立ち直っているだろうか。

あの激闘から中二日、両チームはまたしてもエティハドで相まみえる。しかもランチタイム・キックオフ(現地時間午後0時30分)だ。コンディショニングが難しい時間帯であり、チャンピオンズリーグの疲労を引きずる選手も少なくはないだろう。したがって、入り方には十分すぎるほど注意しなくてはならない。フワフワしていると、いきなり窮地に立つ。

「シティを相手に守り切れるクラブなんかあるわけがない。必要以上に引かず、攻守の切り替えを怠らないことだ。一瞬の緩みが大量失点につながるからね」

トッテナムのヤン・フェルトンゲンが証言したように、シティ戦ではアブノーマルな集中力が必要だ。ましてチャンピオンズリーグの借りを返そうと、気合が乗っている。立ち上がりから襲いかかかってきたとしても不思議ではない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧