人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年4月12日

11-12シーズンを最後に、アンフィールドでは負けていないが…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

エデン・アザール、ルベン・ロフタス=チーク、カラム・ハドソン=オドイの好調で、チェルシーが持ち直してきた。エヴァートンに0-2の敗北を喫した後は3連勝。対戦相手(カーディフ、ブライトン、ウェストハム)にも恵まれたが、チームの状態は上向きと考えていいだろう。マウリツィオ・サッリ監督も、「アザールはやはり格別。ロフタス=チークとハドソン=オドイもオフ・ザ・ボールの動きがよくなり、戦力として計算できる。新たな選択肢だ」と高く評価していた。

さて、週末の相手はリヴァプールだ。手ごわすぎるが、チャンピオンズリーグの出場権を獲得するためには、たとえアウェーでも……いや、不思議なことにアンフィールドでは負けていない。11-12シーズンの1-4を最後に、リーグカップを含めた昨シーズンまでの7試合は3勝4分。リヴァプールが重視していなかった大会とはいえ、今シーズンのリーグカップも敵地で2-1の勝利を収めている。チェルシーにとってありがたいデータだ。

しかし、スラビア・プラハとのヨーロッパリーグ準々決勝第一戦(アウェー)から中二日。リヴァプールはFCポルトをホームに迎撃したチャンピオンズリーグの準々決勝から中四日。疲労が蓄積した終盤で二日の差は非常に大きく、チェルシーが運動量で上まわる確率は低い。

また、カーディフやウェストハムが実行したように、後方からのビルドアップをアントニオ・リュディガーに限定されるとリズム、テンポが停滞する。このCBはダビ・ルイスと異なり、一本で局面を変えるようなフィードは持っていない。基本的には安全策で、ボールロストを極端に恐れている。

したがってリヴァプールは徹底的にパスコースを封じるか、あるいはロベルト・フィルミーノの執拗なプレスを中心にリュディガーからボールを奪うか。分析チームが緻密に練り上げた対策をもとに、チェルシーのビルドアップを無効化しようとするだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧