人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年4月3日

ケインとアンチェロッティに続け。差別撤廃の糸口は現場にある

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

『リーサルウェポン』は黒人と白人の刑事コンビの友情を描いた、バディムービーの快作である。『グリーンブック』は黒人の著名ピアニストと白人ドライバーがいつしか心を通わせ、差別の浅はかさを世に問うた名作だ。また、『ミシシッピー・バーニング』や『グローリー』、『ハリケーン』なども、史実とともに由々しき問題を提起している。

しかし、この世から人種差別が消える気配すらない。つい先日もロシア代表の人選を巡り、元代表のパベル・ポグレブニャクが、「なぜ黒人選手がわれわれのチームに必要なのだ」と、ブラジルから帰化したアリの招集を批判した。心ない発言により、ポグレブニャクは25万ルーブル(約42万5000円)の罰金を科されている。

その一方で、アルセーヌ・ヴェンゲルは黒人選手の才能に目をつけ、ダイヤの原石を磨きあげてきた。そのひとりがティエリ・アンリであり、パトリック・ヴィエラだ。また、度重なるケガで引退を余儀なくされたものの、アブ・ディアビはヴィエラをしのぐポテンシャルを誇り、少年時代のポール・ポグバが憧れるほどの逸材だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧