人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年12月14日

敗れると絶望的な19ポイント差。モウリーニョの勇気が試される

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

週末のマンチェスター・ユナイテッド戦に向け、リヴァプールはふたつの悩みを抱えている。

ジョー・ゴメスとブルーノ・マティプが、負傷のために長期の戦線離脱を余儀なくされた。フィルジル・ファンダイクは健在だが、デヤン・ロブレは脳震盪の影響が残っている。しかし、代役が見当たらない。ユナイテッド戦はクロアチア代表CBの先発が濃厚だ。

トレント=アレクサンダー・アーノルドにも、欠場のリスクが浮上している。激闘となったナポリ戦(チャンピオンズリーグ第6節)の代償は大きく、現地時間の金曜日に予定されているスキャン検査の結果次第では、右サイドバックも人材不足に陥る。ナサニエル・クラインも故障者リストに名を連ねているいま、《困ったときのジェイムズ・ミルナー》だろうか。

一方、ユナイテッドは《暗中模索まっしぐら》だ。基本メンバーが固まらず、リヴァプール以上に多くの故障者が出ている。本稿執筆時点でアレクシス・サンチェス、ヴィクトル・リンデレフの欠場は間違いなく、ルーク・ショーとマッテオ・ダルミアンも週末までにフィットできそうもない。

さらにクリス・スモーリングとマルコス・ロホの出場も危ぶまれているため、CBの一角にはフィル・ジョーンズを起用せざるをえない。前節のフルアム戦で稚拙な判断ミスを繰り返し、CL第6節のバレンシア戦では敵地メスタージャの失笑を買うほど鮮やかなオウンゴール。リヴァプールの攻撃力を踏まえると、あまりにも大きなウイークポイントだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧