人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年9月3日

U-21日本代表にとっては、得難い経験 フル代表クラスでアジア大会を制した韓国

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

孫興民(ソン・フンミン)とのマッチアップとは、なんと贅沢な経験をしたことだろう! アジア大会に参加したU-21日本代表の選手たちのことである。 孫興民といえば、今やプレミアリーグ、トッテナム・ホットスパーのスター選手。チャンピオンズリーグでの活躍も期待される韓国代表のエースである。その孫興民をはじめ、GKの趙賢祐(チョ・ヒョヌ=大邱FC)、黄儀助(ファン・ウィジョ=ガンバ大阪)と3人のオーバーエイジを含む韓国のU-23代表。攻撃陣はオーバーエイジ以外にも黄喜燦(ファン・ヒチャン=レッドブル・ザルツブルグ)、李承佑(イ・スンウ=エラス・ヴェローナ)とフル代表が並ぶ強力布陣だった。

U-21代表として、これだけの相手と対戦する機会を得られることはなかなかない。金メダルを逃したのは残念だったが、弱い相手に勝って優勝するよりも、韓国フル代表クラスと真剣勝負の場で対戦する機会を得たことは、日本選手にとって金メダルよりも得難い貴重な経験だった。孫興民との何度も1対1の場面があった原輝綺(アルビレックス新潟)にとっては、一生モノの財産といってもいいはずの経験だった。

それもこれも、韓国がアジア大会での優勝を目指して本気で勝つことを考えたメンバー編成をしてきたことだ。その動機は「兵役免除」という非スポーツ的な理由だったが、おかげで日本はそのチームと決勝で対戦することで最高の強化の場を得ることができた。 「兵役免除」はオリンピックではメダル獲得(3位以内)が条件だが、アジア大会では「優勝」が条件となる。だが、競技レベルを考えれば、オリンピックでの3位よりアジア大会優勝の方がはるかに可能性が大きい。それが、彼らの本気度につながった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧