人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月4日

合計スコア7-6! 壮絶な打ち合いを制したリバプールが11年ぶりのファイナルへ

元川悦子コラム by 元川 悦子
  • Line

リバプールにとってはミランとの決勝に敗れた06-07シーズンUCL以来、11年ぶりの大舞台。UCLタイトルは04-05シーズンから遠ざかっているだけに、千載一遇のチャンスを逃したくはない。相手は3連覇を虎視眈々と狙っているレアルということで、今回のローマほどスキは見せてくれないだろう。サラー、フィルミーノ、マネの3枚看板が確実にゴールを奪うのはもちろんのこと、それ以上に強固な守備を再構築することが肝要だ。

今回のローマとの2試合を見ても、2試合連続で終盤に失点を重ねていて、ゲームを締めるところができていない。今回の第2レグの走行距離もローマの113・72㎞に対し、リバプールは115・23㎞と上回っていて、運動量が多い分、ラストの時間帯に体力低下を余儀なくされるのだろうが、そこをクリスティアーノ・ロナウドら老獪なタレントたちは確実にモノにしてくるはずだ。

今季リバプールに残されたゲームは、6日のチェルシー戦、13日のブライトン戦というプレミアリーグの2試合と、UCLファイナルだけ。レアルとの大一番前の2試合で守備の修正という重要テーマをしっかりとやり切っておくことが肝要だろう。失点を極力減らし、リバプールらしい躍動感あるサッカーを研ぎ澄ませていけば、眼前に立ちはだかるレアルという巨人を倒すことも夢ではない。まずはプレミアのラスト2戦を大事に戦って、最高の状態を作り上げることを心がけてほしいものだ。

代替画像

元川 悦子

もとかわえつこ1967年、長野県生まれ。夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターに。Jリーグ、日本代表から海外まで幅広くフォロー。ワールドカップは94年アメリカ大会から4回連続で現地取材した。中村俊輔らシドニー世代も10年以上見続けている。そして最近は「日本代表ウォッチャー」として練習から試合まで欠かさず取材している。著書に「U-22」(小学館)「初めてでも楽しめる欧州サッカーの旅」(NHK出版)ほか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ