人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年4月4日

使えない英国系のたらいまわしは、非常手段にも値しない

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

エヴァートン、サウサンプトン、ウェストブロム、ウェストハム、レスター、ストーク、クリスタルパレス、スウォンジー、ワトフォード……。今シーズンのプレミアリーグは、9チームの監督が解任の憂き目に遭っている。

ウェストブロムはトニー・ピュリスをクビにし、引き継いだアラン・パーデューが18試合で1勝5分12敗(8連敗のオマケ付き!)と恥をさらした。また、サウサンプトンはマウリシオ・ペジェグリーノ体制を断念したあと、ストークを追われてから数日しか経っていなかったマーク・ヒューズをリストアップ(実際の後任はポール・ランバート)するなど、フロントの場当たり的な人選がクローズアップされもした。

パーデュー、ヒューズ、そしてエヴァートンのサム・アラダイス、ウェストハムのデイビッド・モイーズといった英国系の監督に、なぜオファーが届くのだろうか。その昔、ジョゼ・モウリーニョが「失敗のスペシャリスト」とアルセーヌ・ヴェンゲルを揶揄したが、期待に応えているとは言いがたい英国系の指揮官こそが、〈疑いようのない失敗のスペシャリスト〉である。ヒューズとモイーズはつねに名将気取りで、エヴァートンを率いるアラダイスも、アウェーではネガティブな闘いを繰り返している。2勝5分9敗。ビッグ6に次ぐ戦力を有しているにもかかわらず、リーグ16位のていたらくだ。エヴァトニアンの怒りと冷笑が目に浮かぶ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧