人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年3月26日

中島翔哉のメンタルの図太さ 間違いなく、国際試合で戦えるタイプだ。

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

Jリーグのコンサドーレ札幌では、『タイのメッシ』の異名を取る、チャナティプ・ソングラシンが活躍している。彼の身長は158センチと、日本人よりも一際小さい。しかし、やはり大柄なDFほど、小柄ですばしっこい選手とはやりづらさを抱えるものだ。Jリーガーが日頃、チャナティップに感じるやりづらさと、マリの選手が中島に感じたやりづらさは、よく似ていたのではないか。非常に面白い逸材だ。

その後、中島はドリブル突破した後、左サイドに開いた小林悠にパスを送り、クロスのこぼれ球に三竿が走り込む。そして三竿がシュート……と思われたが、あれはシュートではなかったらしい。

「シュートを打つのが難しい状態だったので、クロスにしました。(ファーサイドに詰めた中島の動きが見えていたわけではないけど)おそらくあそこに誰かが詰めているだろうと、出しました」

最後は中島が詰めて同点ゴール。三竿の好判断も光った。中島や三竿だけでなく、大島僚太、中村航輔など、この試合で目立ったのは、リオ五輪世代などの若手が多かった。ガッカリ試合であることは否定しないが、収穫もある試合だった。

中島には引き続き期待したい。テクニックや回転数の面でも面白い選手だが、何より、あの散々なパフォーマンスで迎えた後半アディショナルタイムに、相手3人を抜き去ってやろうと勝負した、メンタルの図太さが良いじゃないか。間違いなく、国際試合で戦えるタイプだ。

個人的には、すでに中島に23人の当確ランプを付けたいほどだが、ひとまずはウクライナ戦のパフォーマンスを楽しみにしよう。

代替画像

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ