人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年10月12日

【Cycle*2021 パリ〜トゥール:レビュー】チームの献身と自身の努力を今度こそ勝利へと結びつけたアルノー・デマール「すべてが報われた。勝利に酔いしれてる」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

【ハイライト】

パリ〜トゥール|Cycle*2021

終わり良ければ、すべて良し。秋の柔らかな陽光がぶどう畑に降り注ぐ中、自身にとっての2021年シーズン最終戦に、アルノー・デマールが力強い勝利をもぎ取った。スプリンターズクラシックから転身して4年目のパリ〜トゥールが、プロトン屈指のスプリンターの手に落ちた。

仲間と抱き合って喜ぶデマール

仲間と抱き合って喜ぶデマール

「本当に嬉しい。すごく感動してる。この数ヶ月、成功のない日々を過ごしてきたし、必ずしも自分が願うような脚もなかった。でも、今日は、本当に理想的な1日となった」(デマール)

J SPORTS 放送情報

ロワール渓谷には、いつもと変わらず、強い追い風が吹いていた。スタート時間はあえて3分後ろにずらされたが、序盤に逃げ出した3人の後方では、猛烈なスピードレースが展開された。グルパマ・FDJ大胆な横風分断を仕掛け、ライバルたちにたっぷりと脚を使わせた。

かつてのスプリンターズクラシックは、残り50km、「ぶどう畑の小道」……つまりは未舗装路へと走り込んだ。突入と同時に、朝からの逃げを飲み込みつつ、大量37選手が前方へと駆け上がる。中でもスタン・デウルフとフレデリック・フリソン、さらにはフランク・ボナムールが、まんまと先行を開始した。

7つの短い上りと、9つの土の道が、めまぐるしく次々と押し寄せた。砂利でパンクが相次ぎ、細くうねるようなカーブでは、集団は幾度も細かい粒に弾け飛んだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

先を急ぐ3人の背後で、再び大きくなったプロトン内では、やはりグルパマが勢力的にレースを作り続けた。常時なら「最終発射台、もしくはそのひとつ前」のラモン・シンケルダムが、猛烈に踏み倒した。4つ目の上りで、昨大会覇者カスパー・ピーダスンはたまらず脱落した。

続いてヴァランタン・マドゥワスが平地でも、坂道でも、舗装路でも、未舗装路でも、繰り返し加速を強いた。ジュリアン・アラフィリップの世界選手権2連覇の立役者の、とてつもない揺さぶりに、欧州個人TT2連覇シュテファン・キュンクも呼応したものだから、集団はみるみるうちに削られていく。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ