人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月2日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】ログリッチがツールのボスに名乗りをあげるも本人はいたって冷静「まだ、たった4日目だから」 /  第4ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
ログリッチ

プリモシュ・ログリッチ

「最強の選手に負けたんだから、後悔なんてない」と、ジュリアン・アラフィリップは肩をすくめた。2つ掲げていた目標のうち、最も大切な「マイヨ・ジョーヌ保守」を果たせたのだから、心の底から満足していた。なにより、間違いなく、この日はユンボ・ヴィスマとプリモシュ・ログリッチこそが最強だった。大会最初の山頂フィニッシュを完膚なきまでに制圧し、「2020年ツール・ド・フランスのボス」として名乗りを上げた。

「今日は最初から狙っていたし、チーム全員が僕のために働いてくれた。だから結果を出さなきゃならないっていう凄いプレッシャーもあったんだけど、だからこそ一番で終えたいっていう思いもあった。これほどに強いチームメートたちに囲まれて、僕は本当に幸せ者だよ」(ログリッチ)

フランスに「ニューノーマル」の新年度がやってきた。すべての学校(11歳以上)や職場(個室以外)には完全なるマスク着用義務が命じられ、山で暴力的な努力を行った直後の選手でさえ、フィニッシュ後に深呼吸する暇もないままマスクをつける。ツール・ド・フランスはウイルスとの戦いに打ち勝ち、絶対に、パリまでたどり着かねばならない。

アレクシー・ヴィエルモ、クリスツ・ニーランズ、ニルス・ポリッツ、ティシュ・ベノート、カンタン・パシェ、マチュー・ブルゴドーの6人の飛び出しで、2020年大会初の山頂フィニッシュステージは幕を開けた。もちろん「マイヨ・ジョーヌに敬意を表して、今日は絶対にジャージを守りに行く」と公言していたジュリアン・アラフィリップは、すぐさまドゥクーニンク・クイックステップの仲間たちを集団前方に配置。きっちりタイム差制御に乗り出した。前夜の段階で総合3分53秒遅れのヴィエルモが、ほんの短時間だけ暫定マイヨ・ジョーヌに躍り出るも、たいがいは手堅く3分半ほど後方で手綱を引いた。

黄色だけでなく、緑にも、ウルフパックはこだわりを見せた。前夜早くもペーター・サガンが定位置=首位につき、「あとはパリまでず~っと守りたいな」なんて楽しそうに語ってはいたけれど、実際はポイント賞上位3名が5pt以内で競り合う大接戦だった。だからこそ山に突入する前の、51.5km地点の中間スプリントポイントでは、アラフィリップ用隊列が一時的にサム・ベネット用列車に早変わり。まんまと自前スプリンターを集団先頭(7位9pt)で通過させることに成功する。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ