人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年1月17日

【ツアー・ダウンアンダー プレビュー】真夏のオーストラリアでスターたちの競演。シーズン初戦を飾るのは誰か!?

サイクルロードレースレポート by 福光 俊介
  • Line
ツアー・ダウンアンダー

2020年も、ロードレース界は感動と驚きのドラマでいっぱいになることだろう。南半球は真夏のオーストラリアで、UCIワールドツアー開幕戦のツアー・ダウンアンダーが開催される。1月19日のダウンアンダークラシックを皮切りに、21日(火)から26日(日)までの全6ステージで、トップライダーたちが熱戦を展開する。オーストラリアでは大規模な山火事が続き心配されているが、いまのところレース運営には支障がないと主催者は判断。予定通り実施される見込みだ。

今年のレースを占う前に、その歴史から見ていこう。大会の始まりは1999年。回を重ねるごとに名立たる選手たちがオーストラリア大陸へと渡り、このイベントに魅了されていくことになる。そして2008年、ヨーロッパ以外では初となるトップカテゴリーへと昇格。現在では、UCIワールドツアー開幕戦としてすっかり定着した。

加えて、ツアー・ダウンアンダーといえば、スピード感に富んだ戦いが最大の魅力。いまでこそ難易度の高い上りがコースに組み込まれるようになり、総合争いの趣きが大きく変化しているが、かつてはスプリンターたちによるフィニッシュ前での大激戦が大会の華でもあった。

J SPORTS 放送情報

そんなスプリンター競演の名残は、いまもなおわれわれを楽しませてくれる。今年もカレブ・ユアン(ロット・スーダル)やエリア・ヴィヴィアーニ(コフィディス ソルシオンクレディ)といったスーパースプリンターが参戦を表明。昨年の第5ステージで、繰り上げ裁定ながらも勝利を挙げたジャスパー・フィリプセン(UAE・チーム エミレーツ)、移籍問題が晴れ、新たな環境でスタートを切るサム・ベネット(ドゥクーニンク・クイックステップ)は信頼できるアシストとともにエントリー。この大会のステージ優勝記録18回と最多のアンドレ・グライペルは、新体制となったイスラエル・スタートアップネイションの一員として“再降臨”。これだけタレントがそろっていれば、今シーズンのスプリント勢力図を占う一戦となるかもしれない。

各ステージのコースに目を移すと、スプリンター優位と見られる第1ステージを経て、第2ステージでは過去に幾度となくレースの方向性を示してきたスターリングの上りスプリントに挑む。特にレース後半にこの上りを含む周回を4回めぐることになるが、いつも消耗戦の様相となる。過去には逃げが決まったこともあり、波乱が起きても不思議ではない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ