人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月28日

【ハイライト動画あり】帝京長岡:5年前の準決勝で2OTの激戦で負けた福岡第一に競り勝って初の決勝進出

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line
帝京長岡 7番 島倉欧佑

帝京長岡 7番 島倉欧佑

今からのちょうど5年前、タヒロウ・ディアベイトを軸にしたチームだった帝京長岡は、準決勝で福岡第一と対戦。試合開始早々からの15連続得点で主導権を握りながらも、2Qに猛反撃に直面してリードを失い、再延長で1点しか奪えずに78対89のスコアで力尽きての敗戦を喫した過去がある。

夏のインターハイで全国大会ベスト4の壁を突き破ったが、ウインターカップで悲願の頂点に立つためには、5年前と違う結果を出さなければならない。速攻とディフェンスの機動力が強烈な福岡第一に対し、柴田勲コーチは控えポイントガードだった大月舜を先発で起用。「ブレイクで走られないことと、ボール運びのところを丁寧にしていく」というゲームプランだったことや、試合途中で箕輪武蔵が足をつったことで戻れなくなるアクシデントが起きたことを考えると、24分6秒間で4点、3アシスト、3スティールを記録した大月の存在は大きな意味があった。

J SPORTS 放送情報

「福岡第一は早いのでなるべく足を動かして、ファウルが少ないように心がけました。8と88がガードのキーマンなので、自分が抑えられたらと思って頑張りました。最初は緊張したんですけど、後半はだんだん慣れてきて自分のいいプレーができたと思います」

先発起用の期待に応えた大月がこう語ったように、福岡第一のガードを構成する轟琉維(FG:36本中6本成功)と佐藤涼成(FG:21本中7本成功)の得点を限定させることは、速攻での失点を少なくすることへもつながる。大月だけでなく、箕輪、田中空、島倉欧佑、古川晟といった選手たちが最後までディフェンスの機動力を維持できれば、帝京長岡が勝つ可能性は十分にあった。

前半で10点リードされるなど主導権を握られかけたものの、6点を追いかけて迎えた3Qになるとディフェンスの強度が上がり、福岡第一をスローダウンさせることに成功。島倉とコネ・ボウゴウジィ・ディット・ハメードが得点源となって流れをつかんだ帝京長岡は、13連続得点で46対38と逆転する。コネは前半で2ファウルになりながらも、福岡第一のヌンビ・マトゥンガ・マイク相手に攻防両面で我慢強さを発揮し、24点、27リバウンド、4ブロックとチームを牽引したことも大きな意味があった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ