人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月23日

【ハイライト動画あり】金沢:昨年の悔しさを知る3年生とコーチの息子の活躍によって8年ぶりの勝利をゲット | ウインターカップ2021 レビュー

ウインターカップコラム by 青木 崇
  • Line

ハイライト動画

金沢 vs. 奈良育英|高校バスケ ウインターカップ2021 男子1回戦

試合開始早々からディフェンスで奈良育英に対して厳しくプレッシャーをかけ、1Q4分20秒で16対2というスコアで主導権を握った金沢。昨年の1回戦で実践学園に62対76で敗れた悔しさを知る白石直史が8点を稼ぐなど、前田大河とともにフィジカルの強さでインサイドで優位に立った。また、大舘慶徳コーチの息子で身長198cmの秀太も、得意とするジャンプショットを立て続けに決めるなど、金沢はいいリズムで試合を進める。

3Q5分30秒でこの試合最大となる24点のリードを奪ったが、その後奈良育英のプレス・ディフェンスにうまく対応できなくなり、ターンオーバーの数が増えたことで一気に差が詰まっていく。4Q中盤に2回7点差まで追い上げられる局面を迎えたが、金沢は大舘のオフェンス・リバウンドからの得点と白石のフリースローで悪い流れを断ち切ることに成功した。

「石川県予選で何回も逆転負けや1点差負けを経験しているので、どんなに差がついても自分がやるべきことを貫きました」と話した白石は、28点、15リバウンドのダブルダブルでチームを牽引。大舘コーチの「4番(上杉修平)5番(前田大河)6番(白石)は昨年からずっと使っていますので、その経験が1回戦で何とか活きた部分がたくさんあったと思います」という言葉でもわかるように、経験豊富な3年生がチームを救った。

J SPORTS 放送情報

ターンオーバー4本とミスが多かったとはいえ、「一発で(ショットを)決めたのがよかったです。初めての全国大会だったので緊張しました」と言う大舘は15点、7リバウンド、3アシストと、1年生ながらチームに欠かせない戦力であることを証明。最後までハードに戦い続けた奈良育英に後半苦しみながらも、金沢は81対74のスコアで1回戦を突破した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ